読み込み中

キムネコウヨウジャクの防災・防犯もばっちり妊婦さんのお腹の形をした巣まい

キムネコウヨウジャクは、ヤシの葉を裂き、
体が重いサルなどの外敵が近づけない細い枝先にまきつけて
妊婦さんのお腹のような形の巣をつくります。
巣はしっかり枝先に巻き付けられているため、地震にも強く、
風にも飛ばされません。

森林の巣まい
この巣まいの住人
キムネコウヨウジャク ハタオリドリ科ハタオリ属

名前のとおり、オスは胸が鮮やかな黄色い羽になる。
主に、植物の種などを食べる。

全長:約15cm 生息地:インドから東南アジアにかけて分布

巣まいの中は?

産座(一番内側部分)にはやわらかい穂をしきます。最初につくる輪の部分が壁になり、風で巣がゆれても卵は落ちません。個体によっては、巣の中に土や小石を詰め、天然の制震機能をつくるものもいます。細い枝先には、卵やヒナを狙うサルは辿り着けず、下向きの入り口からは敵も入れません。妊婦さんのお腹の形は子供の安全を追求して出来たカタチだったのですね。

巣のつくり方

キムネコウヨウジャクの巣づくりは求愛行動!!

オスは細い枝先に、ヤシの葉などを細く差して巻きつけ輪をつくり、輪に乗って、上から下へ壁を編んでいきます。

途中までできると、巣が枝にしっかりと巻きついているか、編み方がゆるくないか、輪が丈夫か出来具合をメスに見てもらいます。

メスは巣づくりの上手なオスと交尾をします。交尾が終わると、オスは輪の片側を丸く閉じて部屋にします。

輪の反対側を下向きの長い出入り口にします。巣が完成するとメスは中に入り卵を産みます。

キムネコウヨウジャクもびっくり!「MISAWA-LCP」(Misawa-Life Continuity Performance)

家族を育む

ミサワホームも、全ての住まいに
安全と安心を届ける防災・減災ソリューションをご提案しています。

ミサワホームは、もし災害が発生しても、安心して自宅生活が継続できる『MISAWA-LCP』の住まいを実現します。普段の暮らしの中で“もしも”にしっかり「備えるデザイン」、さまざまな自然災害からご家族と財産を「守るデザイン」、災害発生後も自立した快適な暮らしを復旧まで「支えるデザイン」。この3つのデザインを実現するために、ミサワホーム独自の制震装置「MGEO」、耐震力に優れた「モノコック構造」、被災後の被害状況を瞬時に把握できる「GAINET」など、独自商品の開発を進めています。

他の巣まいを見る

  • ハクトウワシ
  • セアカカマドドリ
  • ツカツクリ
  • アナグマ
  • アフリカツリカズラ
  • シャカイハタオリ
  • ミーアキャット
  • ウグイス
  • エナガ
  • コチドリ
  • ペンギン