MISAWA

CSRレポート・ダイバーシティ

2017年度 ミサワホームCSRレポート

子供たちの未来のためにHEARTH

親子のふれあいやご家族のつながりを深め、末永く安心して暮らせる、
Heartを大切にする住まいであること。
自然を感じながら心地よく暮らせて、地球環境に貢献できる、
Earthを大切にする住まいであること。
ミサワホームが目指しているのは、Heart(心、思いやり)と、Earth(地球)がひとつになった
"Heart&Earth=HEARTH"の住まいづくりです。
子どもたちの未来を、より美しく、より豊かな世界にするため、
私たちは住まいに人と地球への思いやりをデザイン。
ミサワホームグループでは「HEARTH」をCSR推進活動のテーマとしています。

HEART EARTH

【HEARTH】住まいは“巣まい”。鳥の巣がヒナを育てるためにあるように、
住まいづくりは元来、子どものためにあるとミサワホームは考えています。
社名の「HOME」には、単なる器としての「HOUSE」ではなく、家族のふれあいが感じられるような、
暮らし方までトータルに考えられた住まい「HOME」を提供するという創業以来の理念が込められているのです。
欧米には「HEARTH&HOME」という言い方があります。「HOME」に「HEARTH(暖炉)」があってはじめて
暖かき我が家になる、という意味ですが、ミサワホームではこの「HEARTH」を、
「HEART(心)」と「EARTH(地球)」が一体化した言葉に見立てました。

ダイバーシティ

HEART EARTH

ミサワホームグループでは、平成26年よりまず若手社員と女性社員を対象としダイバーシティ推進活動をスタートしました。 多様な個性を活かした強い組織づくりを行い、環境変化に対応し持続的成長を図るために、今後ターゲットを拡大し活動を進めてまいります。

> ダイバーシティ詳細はこちら