本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2015年4月1日

「SMART STYLE」全商品にPV標準搭載


ZEH標準化を見据え、同シリーズ全商品に太陽光発電システムを標準搭載
2017年度に新築戸建住宅の全国ZEH標準化を目指す
ミサワホームのエネルギーソリューション「SMART AMENITY」を提唱

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、今月より、木質系企画住宅ブランドである「SMART STYLE(スマートスタイル)」シリーズの全商品に太陽光発電システムを標準搭載します。また、これを機にミサワホームの環境配慮の設備やノウハウに基づいたエネルギーソリューションの提案を、「SMART AMENITY(スマートアメニティ)」として本格的に提唱していきます。

政府は、エネルギー政策の基本的な方向性を示すために策定した「エネルギー基本計画」において、再生可能エネルギーなどを活用した低炭素社会の実現を目指しており、住宅においては、2020年までに標準的な新築住宅で年間の一次エネルギー消費量が正味で概ねゼロとなるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の達成を目標としています。

ミサワホームは、1998年に発売した世界初のゼロ・エネルギー住宅「HYBRID-Z」をはじめ、業界初のライフサイクル全体でのCO2収支マイナス住宅「GENIUS LCCO2マイナスモデル」の発売や、全73棟でゼロ・エネルギー住宅を目指すスマートタウン「エムスマートシティ熊谷」の展開など、低炭素社会の実現に向けて積極的に取り組んできました。この度の「SMART STYLE」全商品への太陽光発電システムの標準搭載は、2017年度での新築戸建住宅のZEH標準化を目指す一環として取り組むものです。   

ZEHの基準を満たすには、建物の断熱性向上のほか太陽光発電システム等の創エネ設備や高効率給湯器等の省エネ設備を設置する必要があることから、通常に比べてイニシャルコストが高くなりがちですが、ミサワホームでは幅広い層にZEHを訴求するため、昨年10月、コストパフォーマンスに優れた木質系企画住宅ブランド「SMART STYLE」シリーズにおいて、通常商品と同価格帯に抑えながらも、断熱性能の向上や太陽光発電システムの標準化によりZEH基準に対応する「SMART STYLE S(エス)」を発売しました。さらに今回、「SMART STYLE」シリーズ全商品についてもコストアップを極力抑えつつ太陽光発電システムを標準搭載することによって、より多くの商品でZEH対応を進めます。

ミサワホームは、今後も住む人に心地よく、地球にやさしい住環境をデザインするために「SMART AMENITY」を積極的に展開し、低炭素社会の実現に寄与していく考えです。


詳細はこちら (PDF273KB)
 

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部 コーポレートコミュニケーション課 中田義規 宮田智

TEL03-3349-8088 FAX03-5381-7838
E-mail:Satoshi_Miyata@home.misawa.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.