本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2017年4月18日

秋田市で取り組むCCRC※1拠点整備事業

4者連携協定締結により本格的にスタート


ミサワホーム、北都銀行、秋田不動産サービス、秋田信用金庫の4者による連携協定
JR秋田駅前の好立地を活かして、ミサワホームが総合企画を担うCCRC拠点整備事業
秋田県や秋田市、商工会議所などとまちづくり協議会を設立、秋田版CCRCの実現を目指す

ミサワホーム株式会社(本社 東京都新宿区/代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、株式会社北都銀行(本社 秋田県秋田市/代表取締役頭取 斉藤永吉)と同行グループの秋田不動産サービス株式会社(本社 秋田県秋田市/代表取締役 久米田和太郎)及び秋田信用金庫(本社 秋田県秋田市/理事長 平野敬悦)とともに、秋田市中通におけるCCRC拠点整備事業に向けて、4月17日に連携協定を締結しました。これにより当事業が本格的にスタートします。

秋田県は人口減少への対応と地方創生を目指して、2015年に「あきた未来総合戦略」を策定し「移住・定住対策」や「新たな地域社会の形成」などに取り組んでいます。秋田市も、少子高齢化の進行や若者を中心とした県外への転出などにより人口減少の局面にあるほか、高齢化率が全国平均を上回る状態で推移している現状を踏まえ、2016年に「秋田市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、高齢者が健康でいきいきと暮らせる街づくりに取り組んでいます。

地方創生を重要戦略と位置づけている北都銀行は、県や市の政策に基づいて市街地の活性化を図るため、同行と秋田信用金庫の所有地において、秋田不動産サービスが事業主体となる「秋田市中通CCRC拠点整備事業」への取り組みを4者で開始しました。   

当事業は、JR秋田駅近くの中心市街地という好立地を活かして駅前ランドマークにふさわしい拠点施設を建設し、住宅や金融機関、医療・保育施設など複数の機能を盛り込むほか、地域の介護施設などと連携を図ることで、スマートウェルネスや地域包括ケアの実現を目指します。また駅前から続く商店街や近隣公園などと繋がりを持たせ、賑わいや多世代の交流を促進します。さらに、秋田市の認定を受けた中心市街地共同住宅供給事業※2の住まいを施設内に設けることで新しい人の流れを作り、地域で安心して健康に生活できる環境づくりを手掛けます。

付加価値の高い街づくりや医療・介護・保育などの社会福祉ノウハウを活用しながら地域貢献に携わってきたミサワホームは、当事業において総合企画を担当します。今後は、県や市、商工会議所などと共に「秋田市中通地区まちづくり協議会」を設立し、秋田版CCRCの実現を目指します。

ミサワホームは、子どもから高齢者までのあらゆる世代の地域住民が健康でいきいきとした生活を送ることができる街づくりを推進していくとともに、地方都市を中心に内在する課題の解決に向けて幅広く提案ができる企業を目指します。

※1 高齢者が元気なうちに地方に移住し、必要な時に医療と介護のケアを受けて住み続けられるコミュニティ。

※2 「中心市街地の活性化に関する法律」に基づき、中心市街地において優良な共同住宅供給を支援することにより、中心市街地の活性化に寄与する事業。国が自治体の基本計画を認定し、自治体が事業計画を認定。


詳細はこちら (PDF281KB)
 

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部 コーポレートコミュニケーション課 中田義規 奥本博之

TEL03-3349-8088/FAX 03-5381-7838
E-mail:Hiroyuki_Okumoto@home.misawa.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.