本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2017年6月28日

2017年度 ミサワホームCSRレポート

『HEARTH』を発行


各ステークホルダー※1や重要な社会課題に対する取り組みをテーマ別に紹介
環境行動計画「SUSTAINABLE 2020」に基づく環境活動や成果を報告
国際保証業務基準に準拠した第三者保証を5年連続で取得
国際的なCSRレポートのガイドラインである「GRI※2スタンダード」に対応

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 竹中宣雄)は、CSR(企業の社会的責任)に関する2016年度の取り組みとその成果をステークホルダーの方々に報告する2017年度CSRレポート『HEARTH(ハース)』を発行します。

ミサワホームは1999年に住宅業界初の「環境活動報告書」を作成し、環境マネジメントシステムの運用実績を中心に毎年報告を続けてきました。2007年度からは社会的側面の活動報告を加えたCSRレポートとし、今回が11回目の発行となります。

本レポートの名称である「HEARTH」は、「HEART(心)」と「EARTH(地球)」を一体化した言葉です。「HEART」は深く信頼されるミサワホームを、「EARTH」は地球にやさしいミサワホームを表し、CSR推進活動のテーマとしています。

今回のレポートでは、国際的なCSRレポートのガイドラインである「GRIスタンダード(2016年10月19日発行)」にいち早く対応したほか、社会を取り巻くさまざまな課題の中でミサワホームが重点的に取り組むべき項目について、2016年度に実施した活動をテーマ別に詳しく「HEARTH AT WORK」にて紹介しています。   

なお、情報の信頼性及び透明性向上の観点から、EY新日本サステナビリティ株式会社(本社 東京都千代田区/代表取締役 塚原正彦)より、「マテリアル&エネルギーフロー」(P49〜P50)に記載のある重要なサステナビリティ情報に対して国際保証業務基準(ISAE)3000及び3410等に準拠した第三者保証を5年連続で取得しています。

ミサワホームグループでは、今後も内容を充実させたCSRレポートを作成し、さまざまなステークホルダーの方々とのコミュニケーションの充実を図り、よりレベルの高いCSR活動を推進していきます。

※1:行動指針で定めるステークホルダー:お客さま(消費者)、従業員、取引先、株主(投資家)、社会・環境

※2:Global Reporting Initiative:「持続可能性報告書」のガイドラインを提唱するNPO(非営利団体)


詳細はこちら (PDF364KB)
 

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部 コーポレートコミュニケーション課 中田義規 佐野遥香

TEL03-3349-8088/FAX 03-5381-7838
E-mail:Haruka_Sano@home.misawa.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.