本文へジャンプ
MISAWA
閉じる

2017年7月7日

微気候デザイン効果の「見える化」ツール

Vikiビキなび」を開発


自然の光や風を有効活用するための設計手法「微気候デザイン」の導入効果を見える化
建物の仕様や設備、開口部の位置等を入力するだけで効果の見える化を実現
冷暖房しなくても快適に過ごせる時間を「Viki Time(ビキタイム)」として数値化
微気候デザイン効果を実現するための最適な手法の組み合わせも提案可能

ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 磯貝匡志)及び株式会社ミサワホーム総合研究所(本社 東京都杉並区/代表取締役社長 内田和明)は、自然の光や風を活用して快適な室内環境を形成するための設計手法「微気候デザイン」の効果を見える化する営業ツールとして「Vikiなび」を開発、今月よりお客様向けに提案を開始します。

国は2020年に標準的な新築住宅でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すという政策目標を掲げており、それに伴いZEHの達成に必要な建物の断熱性能や省エネルギー機器、創エネルギー機器の性能が定量化された数値で示されています。一方、季節に応じて住宅とその周辺の気候を上手に制御することで快適な室内環境を形成するような工夫は、快適性の向上に加えて冷暖房機器の使用時間削減による省エネルギーにもつながるなど住まい手にとって重要な要素であるものの、「快適性」という定性的な性質から、定量的な評価が難しいという課題がありました。   

そこでミサワホームでは、微気候デザインの要素を「空気の流れをつくる」や「日射を遮る」など6項目に、それらを実現するための手法を18項目に整理したツール「Vikiなび」を開発。お客様が検討する建物の仕様や設備、通風・日射採り込みの程度、開口部の位置等を入力することで、微気候デザインへの総合的な取り組みの度合いを表す「微気候グレード」や採用した手法のバランスを表す「Vikiチャート」、冷暖房しなくても快適に過ごせる時間を表す指標「Viki Time」、代表的な寒い日や暑い日の室温推移イメージを表示できるようにしました。これにより、総合的な微気候デザイン効果を向上させるための最適な手法の組み合わせを検討することが可能になりました。

ミサワホームは、今後も自社建物の高い断熱性能や省エネルギー性能を訴求してZEHを推進すると同時に、微気候デザインの効果を見える化する「Vikiなび」を活用してパッシブなデザイン手法を分かりやすく提案することで、より快適な住まいづくりをサポートしていく考えです。


詳細はこちら (PDF374KB)
 

*この件に関するお問い合わせ先

ミサワホーム株式会社
経営企画部 コーポレートコミュニケーション課 中田義規 宮田智

TEL03-3349-8088/FAX 03-5381-7838
E-mail:Satoshi_Miyata@home.misawa.co.jp

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在と異なる場合がありますのでご了承ください。
Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.