MISAWA

  • HOME
  • お近くのMISAWA
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

HEMSのある暮らし

enecoco

  • TOP
  • HEMSの実例

HEMSの実例

拝見!スマートライフ

スマートハウスで快適な生活をかしこく楽しんでいます。

家庭における創エネの代表が太陽光発電システムです。日の出とともに稼働し、日没で自然にストップ。曇りや雨の日でも少しは発電します。自動運転なので外出時なども安心なうえ、停電など非常時には自立運転に切り替えることで日中は特定コンセントから最低限の電源を確保できます。発電した電気は各電気機器に供給し、余った電気は自動的に電力会社に売電。発電電力量が足りない場合や夜間には電力会社から買電します。環境負荷が少ないだけでなく、CO2削減効果が高い、地球と家計にやさしいクリーンエネルギーです。

電気が見えると予想外の発見も

ご家庭の電力使用で大きな割合を占めるのがやはり空調。S様邸は、そもそも冬暖かく、夏涼しく過ごせるエコ住宅ですが、真夏、真冬にはエアコンや床暖房を併用。それでも1年間の光熱費は「約1万5千円」の電気代のみ。2.6kwと小さめの太陽光発電を設置しても、効果的な発電量が得られることを物語っています。エネルギーモニターを導入したS様のご家庭では、太陽光発電による発電量や、電気の使用量がエネルギー表示器でリアルタイムに一目瞭然。それをこまめにチェックすることで、予想外の発見もあったそうです。 たとえば、テレビはもちろん、さまざまな機器の待機電力。そして室内の空気を循環させるサーキュレーターの消費電力が予想以上に高かったことがわかり、使用時間をセーブするなど省エネの工夫をするきっかけになりました。

  • 写真
  • 写真

使用状況

  • 写真
  • 主な使用機器の消費電力
  • 間取り
  • むやみな省エネではなく的確な省エネへ

    それでも、電気の使用状況がわかれば、ムダづかい防止の対策も明確になります。これこそ、電気を“見える化”することによる最大のメリット。テレビのつけっぱなしはやめて、見ていないときにはコンセントを抜き、リラックスしたいときはテレビではなく音楽を楽しむ。 表示器が教えてくれる、照明のつけっぱなしなどはこまめに消灯。エアコンに頼っていた空調も見直し、冬は早朝2時間ほどタイマー設定で床暖房に働いてもらい、その後は余熱で快適さを確保する。問題のサーキュレーターは連続運転をやめ、時々室内の空気を循環させるという使用法に変更。暖房便座は夏も暖かい必要がある? 自然とそんな習慣に移行して、電気のムダづかいがかなり改善されました。電気以外にも、庭の水やりに使う水量が多いこともわかり、雨水タンクをご検討中です。

  • 省エネポイント

ページトップへ