かしこい親子の楽しい間取り
ホームコモンズ設計
お子さまの成長に合わせて、“学び空間”もステップアップします。
お子さまにとってより良い学びの環境は、成長とともに変化していきます。ミサワホームは創業以来一貫して、「住まいは巣まい」という考えのもと、子どもの視点に立った住まいづくりをしてきました。
新提案の「ホームコモンズ設計」は、乳児期、幼児期、児童期、青少年期に合わせて、それぞれの“学び空間”をデザイン。
2階のリビングやダイニングを上手に活用し、3階にご家族で“学び”や趣味などを楽しめる「ホームコモンズ」をプラスしました。
これからの世の中を明るくする、リーダーに育ってほしいという願いを込めた設計です。
 
子どもの成長ステージと住まいの学習環境
 
「コモンズ」を住まいの中へ
「コモンズ」を住まいの中へ
「コモンズ」とは、みんなが集まる場所や集会所のこと。いま、大学や図書館では、その考えを採用し、共同作業をしたり、お互いに刺激し合いながらそれぞれの勉強に励んだりすることもできる「ラーニングコモンズ」という空間が増えています。この「ラーニングコモンズ」を住まいの中に採り入れ、東京大学山内先生監修のもと新しくデザインしたのが、ミサワホームの「ホームコモンズ設計」です。
 
MISAWA DESIGN four KIDS
住まいは、巣まい。子どもたちをすこやかに育む住まいのデザイン手法とその想いをご説明します。
カタログ請求
 
 
フッタ ページトップへ戻る