MISAWA"

HYBRID ミサワホームの鉄骨住宅

鉄骨住宅 HYBRIDとは

地震にも強く安心の構造体と、耐久性を兼ね備えた独自開発の外壁を融合
あなたが思い描く暮らしに必要な住まいを
ミサワホームの鉄骨住宅「HYBRID」は造りあげます。
いつまでも美しく、永く住み継げる住まいをご提供していくこと。
それが私たちの考えるこれからの住まいの姿です。

家族の成長に合わせておおきく構える、変化する。 家族の成長に合わせておおきく構える、変化する。

最大54畳の大空間のリビングに、
光をたくさん取り込み、子ども達が外で遊ぶ様子も見渡せる大きな窓。
それができるのは、高層ビルにも使われる“鉄骨ラーメン構造”を採用しているからです。
また、自立した子どもの部屋を書斎にしたり、
ガレージだった部分を夫婦念願のカフェにするなど、
家族のライフスタイルの変化にあわせて、壁や柱の制約を受けず、
間取りを大きく変えたリノベーションやリフォームをすることができます。

鉄骨ラーメン構造

HYBRIDの「鉄骨ラーメン構造」が地震に強いのは鉄骨の柱と梁を剛接合しているから。ドイツ語で「枠」という意味の「ラーメン」はここから由来します。そんな強靭な構造だから、耐震性を保ちながらも柱や間仕切り壁のない大空間や開口部を大きく取ることができるのが大きな特徴です。

孫がおとなになっても住める家 孫がおとなになっても住める家

雨風、地震などの自然災害や火事・騒音から家族を長年守るのは、
独自開発の外壁でした。
ミサワホームが開発した“PALC外壁”はその高い耐久性によって
「家を建てるならば、いつまでも安心して住み続けたい」という思いを実現。
実際、1981年のハイブリッド住宅第1号は、
35年以上経った今でも変わらず住み続けられています。
家族の家を長く保ち、
将来は大人になった子や孫に住み継がせることも可能になるのです。

PALC外壁

断熱・耐火・衝撃耐久・遮音などの耐久性を兼ね備えたミサワホーム独自開発の外壁。
材料に国内に豊富にある珪石・石灰石を使うことで、安定した製造が可能であり環境にも配慮した、人にも地球にも優しい新素材外壁です。

快適な暮らしは、美しい 快適な暮らしは、美しい

真冬でも裸足でいられる暖かい暮らしは、実は環境に配慮した結果。
PALC外壁の優れた断熱性は家の中の冷暖房効果を高め、
快適かつ省エネルギーな暮らしを実現します。
また、匠の手により丁寧に焼き上げた外壁は、その特質した耐久性のおかげで、
経年劣化による張り替えも不必要に。
未来のことも考えたエコで住みやすい家は、永く美しい家でもあるのです。