MISAWA"

HYBRID ミサワホームの鉄骨住宅

鉄骨イメージ

HYBRID BRAND 夢見る鉄骨住宅。

鉄骨イメージ

1889年、パリ万国博覧会の際に
建てられたエッフェル塔。
独自の技術や斬新なデザイン、
短い工期など多くの話題を提供し、
いまも美の傑作として讃えられています。
世紀を超えて魅了し、
資産として永く継承される姿は、
HYBRID住宅が夢みるひとつの理想です。

TOUCH 高耐震の先へ。

「鉄骨ラーメン構造」の「ユニット工法」

耐震設計はいまや当たり前。
これからは地震に対するねばり強さ、
復元のしやすさが重要です。
過去の大地震で「倒壊ゼロ※1」のHYBRID住宅。
その秘密は柱と梁を剛接合した
「鉄骨ラーメン構造」の「ユニット工法」にあります。
外力を一点に集中させず、建物全体で吸収して、
度重なる地震の揺れに対応します。

※1 地盤に起因する被害、地震に伴う津波や火災による被害は除く。

FIREPROOF 高耐火の先へ。

もらい火や内部出火への対策は常識。
しかしより火災に強い家をつくるには、
構造体を熱から守る工夫が不可欠です。
HYBRID住宅は1000℃の高温加熱でも燃えない
ニューセラミック外壁を採用。このニューセラミック外壁で
鉄骨フレームを包み込むため、
防火に対する規制が厳しい都市においても
建築することができます。

鉄骨フレーム

ANTIRUST 高耐久の先へ。

溶融亜鉛-アルミニウム-マグネシウム合金メッキ

鉄骨は通常メッキ等で錆対策をしますが、
キズつくと効果が低減します。
HYBRID住宅は鋼材がキズついても、
メッキ層中の亜鉛が溶け出して鋼材を守る
「溶融亜鉛-アルミニウム-マグネシウム合金メッキ」を採用。
自己防蝕作用により、
家を建てたときの強さが長持ちする
鉄骨住宅を実現しています。

SPEEDY 短工期の先へ。

短工期イメージ

工業化住宅はもともと在来工法に比べて工期が短く、
建築費や仮住まいの費用を
抑えられますが、HYBRID住宅はさらに短工期。
全行程のほとんどを工場でつくるため、
現場工期は「最短30日」という快速施工です。
この高い工業化率は工期の短縮化だけでなく、
高精度・高品質な住まいづくりの
実現につながっています。

世紀を超える家イメージ

HYBRID BRAND 目指したのは、世紀を超える家。

世紀を超える家イメージ

世界中の人々から、いまも“美”を讃えられる
パンテオン神殿やコロッセウムなどの建造物。
ミサワホームが求める、ひとつの理想です。
恒久的な強さと美しさが必要ですが、
「HYBRID住宅」は独自の発想と技術で、
この条件を高レベルで満たしました。
永い歳月を超えて残る建築には、理由があります。

RESOURCES いち早く資源問題を視野に入れた家。

ニューセラミック外壁イメージ

オイルショックに先立つ1960年代。
ミサワホームは、日本の将来を考えて
いち早く資源問題に取り組み、
木材に代わる新素材の開発に着手。
日本独自の資源にこだわり、国内に豊富にある
硅石と石灰石を主原料とした
ニューセラミック外壁を開発しました(1981年)。
資源問題の解決の一助となる「HYBRID住宅」は
21世紀のいまこそ真価が認められる住まいです。

ART 景観にも心にも響くまちのアート

ニューセラミック外壁イメージ

個人の家は、まちの一部分でもあります。
まちの人々にも愛される家でなければなりません。
ニューセラミック外壁の深い彫りは、
ステンドグラス作家の手によるアート。
無機質材なのに温もりが宿り、
豊かな陰影がある。樹木の緑も映え、
朝、昼、夕にそれぞれ違う表情を見せる。
通りを歩く人の心を和ませ、
美しいまちづくりにも貢献する外壁です。

QUALITY ワンクオリティの高度工業化住宅

工場でつくる「高度工業化住宅」

一般的な在来工法の家は、職人の熟練度により、
施工精度にバラツキが出やすいものです。
「HYBRID住宅」は、技術伝承の難しさや
将来の人材難を考え、工程のほとんどを
工場でつくる「高度工業化住宅」としました。
職人が現場で作業する家とは違い、全国どこでも
同じクオリティの家を建てられます。
しかも一棟一棟、完全邸別生産です。
お引渡し後も、いつ・どのように生産され、
施工されたか確認できて、安心です。

Since1981 いまも愛され続ける商品第1号のHYBRID住宅。

ハウス55計画

次世代の高度工業化システムの確立を目指した
国家プロジェクト「ハウス55計画」に応募、
入選したのが、ニューセラミック外壁を
採用した第1号商品「ミサワホーム55」です。
“燃えない・くるわない・腐らない”という
ニューセラミック外壁の特性により、
すぐれた性能に変わりはなく、いまも快適。
オーナーさまたちに永く愛され続け、
大切に住み継がれています。

ハイブリッド住宅にしか作れない未来を。

「工業化住宅のさらなる高品質化とコストダウンは、
構造体の進化と新素材開発をともなう
技術革新によって実現できる」という考えのもと、
永年の研究と実験から生まれたのがHYBRID住宅です。
特にニューセラミック外壁は、
機能・性能・品質の技術面においても、
深い彫りがもたらす陰影美という情緒面においても、
わが国で唯一無二の存在といっていいでしょう。
いま日本の住まいは、性能もデザインも
さらなる進化が求められている中、
HYBRID住宅の役割は重要です。
HYBRID住宅しかつくりえない未来があるからです。
HYBRID住宅の新しい可能性を拓くこと、
それは日本の新しい暮らしを拓くことであると、
ミサワホームは信じています。

Hybrid Design, Hybrid Life.