本文へジャンプ

デイサービスセンター

クリニックの開設を機に、地域の市場動向を考え、デイサービスセンターを新築

デイサービスセンター熊本(デイサービスセンター)

以前、この土地では眼科クリニックを経営していたのですが、私と長男で近所に新しくクリニックを開設したため、古い建物をどう活用したものかと悩んでいました。次男が福祉施設に務めていたということもあり、介護施設に転用してみるのはどうかと考えていた矢先、ミサワホームさんからのダイレクトメールが届きました。具体的な計画がスタートしたのはこのダイレクトメールがきっかけですね。

当初は改築するか新築するか、グループホームや有料老人ホームも良いのではないかと、いろいろ悩んだのですが、ミサワホームさんからのアドバイスもあり、改築では考える通りの建物にはならないこと、また入所系の施設が比較的近くに存在することを考え、最終的にはデイサービスセンターを新築することにしました。実績のあるミサワホームさんからのアドバイスだったので、とても信頼が持てました。

写真: 外観

写真: デイルーム

40名の利用者を迎える明るいデイルーム

写真: 玄関ホール

利用者を迎え入れる玄関ホール

写真: エントランス

施設のイメージを払拭したエントランス

デザイン性と機能性は地域でも評判

どちらかといえば機能が第一に優先される福祉建築ですが、オーナーさまの建物に対する強い思いもあり、デイサービスセンター熊本では、特長である檜の個浴をはじめ、玄関扉から内装仕上げ材などにもこだわりがある、脱施設と呼べるにふさわしい仕上がりとなりました。もちろん機能的にも十分に検討されており、ミサワホームのノウハウが細部に至るまで生かされています。

建築DATA

延床面積 280m²
土地・建物 民間事業者所有
運営主体 民間事業者
施工 ミサワホーム九州

図: 間取り図


ページ先頭へ