本文へジャンプ

デイサービスセンター

豊富な実績と直営ノウハウが決め手

デイサービスセンター静岡(デイサービスセンター)

施設を運営するのは、70年以上の歴史があり、全国でもトップクラスの社会福祉法人である聖隷福祉事業団。介護保険対応の入所施設をはじめ、在宅サービス事業や有料老人ホーム事業など、医療・保険・福祉・介護サービスを柱とする総合的なヒューマンサービスを手掛けています。

聖隷デイサービスセンター初生は、聖隷福祉事業団にとっては初めてとなるコンペを経て、建設されました。「従来とは違ったタイプのケア施設をつくりたい」というコンセプトのもと、多くの住宅メーカーや工務店などが提案を行いましたが、最終的に選ばれたのはミサワホーム。これまでの介護・福祉事業での豊富な実績や、長年の介護・福祉施設における直営経験が評価され、採用されました。

写真: 外観

写真: デイルーム

対面キッチンを設け家庭的な雰囲気と機能性を両立させたデイルーム

写真: 喫茶室

入居者はもちろん地域の方との交流の場にもなる喫茶室

写真: 個浴

カーテンの仕切りでプライバシーを重視した個浴
3方向からの介助が可能な設計

めざすのは、利用者、運営者、地域のそれぞれにとって最良の建物

建物の設計コンセプトは、利用者にとっては「安心・安全・快適に過ごしていただくこと」、運営者にとっては「使いやすく、かつ効率的なプランニングとすること」、そして「地域貢献」という3つ。特に地域の方々からは、在宅介護の拠点として大きな期待が寄せられています。

建物は、食堂・作業・訓練室をかねた広い多目的スペースとなっている「生活ゾーン」、自宅感覚で入浴ができるなどプライバシーに配慮した「くつろぎゾーン」、中庭・喫茶コーナーなど利用者同士または地域と交流をはかれる開放的な空間が特長の「ふれあいゾーン」、事務室やヘルパーステーションを併設した「スタッフゾーン」、という4つのゾーンから構成されています。

建築DATA

延床面積 970m²
土地・建物 社会福祉法人聖隷福祉事業団所有
運営主体 社会福祉法人聖隷福祉事業団
設計・施工 ミサワホーム静岡

図: 間取り図


ページ先頭へ