本文へジャンプ

デイサービスセンター

地域に密着し高齢者に安心を届ける医療と介護の総合施設

やぎクリニック/やぎ眼科クリニック/デイサービスセンターやまき

大阪市内商店街の一角に、脳神経外科、内科、リハビリテーション科、眼科、薬局、デイサービスが入る医療・介護のビルが誕生した。元々、同じ商店街の中でクリニックを営業していたが、ちょうど良い売地が近くで見つかったため、移転を決意した。
通院する多くの患者様は近所の高齢者だった、介護の必要性を日々感じるようになっていたドクター。リスクを早期から洗い出し、将来の寝たきり状態を回避するためにも、介護事業の連携が必要と考え、移転を機にデイサービスを併設。同じ建物内にクリニックがあるため、いつでも医師がかけつけられる連携体制が取れていることが、利用者に大きな安心を提供している。

写真: 外観

建蔽率、容積率いっぱいに建てた医療介護総合施設

写真: [眼科]待合室

[眼科]待合室

写真: [眼科]診察室

[眼科]診察室

写真: [眼科]検査室

[眼科]検査室

写真: [脳神経外科・内科]リハビリ室

[脳神経外科・内科]リハビリ室

写真: [脳神経外科・内科]処置室

[脳神経外科・内科]処置室

写真: [脳神経外科・内科]CT室

[脳神経外科・内科]CT室

写真: [デイサービス]食堂兼機能訓練室

[デイサービス]食堂兼機能訓練室

写真: [デイサービス]浴室

[デイサービス]浴室

写真: [デイサービス]事務室

[デイサービス]事務室

商店街の中の限られた敷地の中で最大限の広さを確保

クリニックにはCTなど大きな機械を設置しなくてはならなかったため、窓を大きく取り搬入できるようにした。また廊下をなくすことで、無駄なスペースを最大限とることに成功。この細かいプランの工夫が、ミサワホームに建築を依頼する理由の一つとなった。
1階の眼科は、ピンクをイメージカラーに2階の脳神経外科・内科は、緑をイメージカラーにし、その明るい色使いと統一感が患者様に親しまれている。診察室は壁をマグネットとし、煩雑になりがちの資料なども、簡単に貼ることができるため、整理がしやすいと好評だ。
地元で長く親しまれた旧クリニックに眼科とデイサービスが加わり、かかりつけ医としてますます地域の人々から親しまれていくだろう。

建築DATA

敷地面積 181.31m²
延床面積 530m²
構造・規模 鉄骨造 4階建
所在地 大阪府

図: 間取り図


ページ先頭へ