本文へジャンプ

シニア向け賃貸住宅 施設併設型

地域のために新制度を活用
社会福祉法人ならではの取組

八幡の家(サービス付き高齢者向け住宅)

特別養護老人ホームを運営している社会福祉法人が新たに取り組んだのは「サービス付き高齢者向け住宅」でした。常に入居待機者がいる状況のなか、仮に空きがでても、入居は原則要介護3以上で介護の必要性がより高い方を優先するため、入居希望になかなか対応できないのが現状でした。こうした状況から、待機者、特に地域の高齢者のために、平成23年10月に創設された「サービス付き高齢者向け住宅」の整備を決めました。入居者が安心できるように、基準となる見守りや生活相談に加えて、24時間の人員配置、希望や必要に応じて、食事サービス、医療・介護サービスなどを提供できる体制を構築。地域貢献を目的とし、入居者の利用料金などの経済的な負担へも配慮した、社会福祉法人ならではのな取り組みとしました。

写真:中庭

中庭

写真:食堂兼機能訓練室

食堂兼機能訓練室

写真: 静養室

静養室

写真: 浴室

浴室

既存事業での経験を活かしスタッフ動線を徹底的に追求恵まれた環境を最大限に活用

中庭を設けることで居室は全室南向きとなり、食堂も明るく開放的な空間となりました。事務所からは食堂、廊下、玄関、そして併設デイサービスの機能訓練室を一望することが可能で、緊急時の対応もし、やすく普段の作業や移動も少なくなるよう、スタッフ動線も徹底してこだわりました。事務所、宿直室とは別にスタッフルームを設け、スタッフが働きやすい環境を整えました。中庭はインターロッキング仕上げにし、手入れがしやすいようにしました。左右障害に対応できるように左右対称の居室を設定。
エリアを区切ぎる建具を共用部に設置し、認知症の方への対応が出来るように工夫しています。尿失禁に対応するため風呂とは別に、食堂の近くにシャワー室を設置。特養やケアハウス運営の経験を活かした工夫も随所に採用し、暮らしやすさと働きやすが融合した住宅となりました。

建築DATA
敷地面積 3,778m²(1,143坪)
延床面積 999m²(302坪)
構造・規模 木造 平屋建
所在地 宮城県

写真: 見取り図 栗駒峰寿会


ページ先頭へ