本文へジャンプ

複合型介護施設

安心できるパートナーと実現した高齢化する地域のための土地活用

だんらん柏・増尾台 マザアスホーム憩・増尾台

相続対策でアパート、マンション以外での活用を考えていたとき、ちょうどグループホーム整備の公募がありました。計画地は、主要駅から少し離れた、高度経済成長期にできた分譲地に隣接。市場調査の結果、周辺の高齢化率が市の高齢化率より高く、高齢化が進んでいるエリアだったのと、身近に介護が必要な方が多かったこともあり、グループホームの必要性を感じ計画を決意しました。
業パートナーは、約20年間地域に密着して介護に取り組むなど、建築から運営まで一貫しているミサワホームグループ。施設の見学などを通じて情報収集をした結果、豊富な経験と実績が安心感となり任せる事にしました。

写真: 外観

写真: 台所越しリビング

台所越しリビング

写真: 居室(グループホーム )

居室(グループホーム )

写真: 地域交流スペース、家庭菜園

地域交流スペース、家庭菜園

写真: リビング・ダイニング(小規模多機能型居宅介護施設)

リビング・ダイニング(小規模多機能型居宅介護施設)

写真: 和室(小規模多機能型居宅介護施設)

和室(小規模多機能型居宅介護施設)

民間版『地域包括ケアシステム』をめざした新たな取り組み

ミサワホームグループでは、計画地のエリアで、介護付き有料老人ホーム「マザアス南柏」を中心に、自立から要介護までのネットワーク事業を実践しています。民間版「地域包括ケアシステム」を目指す新たな取り組みとして、“小規模多機能型居宅介護”と“グループホーム”の複合型介護施設を開設。1つの建物内に2つのサービスを併設することで、小規模多機能型居宅介護のサービスを受けている方が、将来、併設するグループホームへ入居することも可能になります。「施設」ではなく、「住まい」の延長との考えから、周囲の街並みに溶け込む戸建て感覚の外観デザインや、温かみがある木目調のインテリアを採用し、敷地内にはテラスや散策路、家庭菜園などを整備。住環境もよく、ボランティアを積極的に受け入れるなど地域とのつながりを大事にしています。

建築DATA

敷地面積 2,028m²
建築面積 549m²
延床面積 745m²
規模構造 木造 2階建て
土地所有 地主
建物所有 地主(オーダーリース)
運営主体 株式会社マザアス
設計・施工 ミサワホーム東関東

図: 間取り図


ページ先頭へ