本文へジャンプ

複合型介護施設

既設のデイサービスセンターとのスムーズな連携が魅力

複合型介護施設「流山」(デイサービス+グループホーム+ショートステイ)

デイサービスセンターを運営するNPO法人さまが、隣接する未利用の土地を賃借し、デイサービス+グループホーム+ショートステイの複合施設を開設。既存のデイサービスセンターが定員オーバーとなってきたことに加え、以前から“泊まりサービス”や認知症グループホームに興味を持っていたことが、開設の決め手になったそうです。

既存デイサービスセンターとの連携が可能なため、食事は新旧両施設を効率良く使い調理し、いつもできたての料理を利用者にサービスすることができます。そのほかにもスタッフの効率的な配置ができるなど、さまざまなところで連携のメリットが表れているそうです。スタッフの一人からは、「利用者も、にぎやかで楽しくなったと喜んでいます」とコメントをいただきました。

写真: 外観

写真: エントランス

レンガ調の外壁が美しいエントランス

写真: 居間・食堂

居間・食堂は事務室やキッチン、ティーラウンジの中央に位置(グループホーム)

写真: 浴室

デイサービス浴室
大型浴槽と個浴槽の2つを準備

スタッフたちの思いが息づくあたたかみのある住空間

現場で働くスタッフを中心にプランニングや施設の細かい部分の打合せを進めた結果、利用者本位の“思いやりある建物”が完成しました。グループホームでは毎日ゆったり落ち着いてご利用いただくために、ゆとりある広さの居室、開放感のあるリビング、一息つけるカフェ空間、四季折々の室礼を楽しめる和室など、さまざまなスペースを設置。利用者は思い思いの場所でくつろぐことができます。カーテンなどのインテリアもできるだけぬくもりあるデザインとし、落ち着ける空間の演出に配慮しています。

前面道路の騒音対策として、道路に面した外部建具には二重のサッシを採用するなど、安らげる静かな空間が提供されています。

建築DATA

敷地面積 1,034m²
延床面積 672m²
土地 借地
建物 運営者所有
運営主体 特定非営利活動法人(NPO)
設計・施工 ミサワホーム東京

図: 間取り図


ページ先頭へ