本文へジャンプ

複合型介護施設

地域の方々にも喜んでもらえる出来映えに大満足

デイホーム「わかなの杜」(ショートステイ+デイサービスセンター+整骨院)

オーナーさまは、当初からアパートは過当競争となっている現状を踏まえ、地域福祉に貢献できる取り組みでもある介護福祉建築での土地活用を模索されていました。「利便性が高く交通の便も良いところにこそ介護・福祉施設が必要なのではないか」という強い思いもあったそうです。

建築会社の選定にあたっては、最終的に4社からのプラン・見積りなどを検討の上、以前にもアパートの建築を依頼したことのある、ミサワホームをお選びいただきました。

写真: 外観

写真: デイルーム

明るく広がりのあるデイルーム。正面の収納家具は厨房から食事の受け渡しができる。

写真: 洗面コーナー

入浴後の整容スペースとして利用される洗面コーナー

写真: デイルーム

40名の方が利用可能なデイルーム。左手奥は玄関。

地域のためになる介護福祉施設の実現で土地を有意義に活用

1階にはデイサービスセンターの他、整骨院まで設置され、質の高いサービス提供が可能。2階はショートステイで定員20名。10名毎のユニットケア対応となっています。2階ホールの壁面収納や小屋裏を利用した大収納空間など、不足しがちな収納スペースにも配慮。さらに、全館床暖房の採用をはじめ、衝撃を軽減・吸収する新素材を床面に導入するなど、入居者の快適や安全・安心につながる工夫も多彩に施されています。

建築DATA

敷地面積 1835m²
延床面積 1192m²
土地・建物 オーナー所有(オーダーリース)
運営主体 医療福祉グループ
設計・施工 東北ミサワホーム

図: 間取り図


ページ先頭へ