本文へジャンプ

複合型介護施設

歴史の重みと風情あふれる倉敷の地地域の中での可能性を模索し続け新たなる地域密着型サービスを展開

和楽リビング・和楽の里(住宅型有料老人ホーム+小規模多機能型居宅介護施設)

地域に根付いた介護施設を主として運営されている事業者様と、地域貢献をも視野に活用を考えられていたオーナー様。お互いの希望が一致し、施設開設が実現しました。
地域との関わりにおいてはオーナー様の取り計らいにより、保育園や小学校との交流も計画されており、利用者にとっては真の意味で「住み慣れた地域」で最期まで「暮らす」事ができます。
倉敷では例の無い面での展開、特にサテライト型の小規模多機能ホームは本体との連携が必須であるがために融通がききやすく、運営面はもちろん利用者もメリットを享受できる仕組となっています。

写真: 外観(左側が住宅型有料老人ホーム、右側が小規模多機能型居宅介護施設)

外観(左側が住宅型有料老人ホーム、右側が小規模多機能型居宅介護施設)

写真: 食堂 兼 機能訓練室(小規模多機能型居宅介護施設)

食堂 兼 機能訓練室(小規模多機能型居宅介護施設)

写真: 2Fホール(住宅型有料老人ホーム)

2Fホール(住宅型有料老人ホーム)

写真: 宿泊室

居室(住宅型有料老人ホーム)

写真: 機械浴(小規模多機能型居宅介護施設)

機械浴(小規模多機能型居宅介護施設)

小規模多機能型居宅介護の特長メリットを最大限に活かし住み慣れた地域での安心した生活を

小規模多機能型居宅介護の基本は"通所・宿泊・訪問"というサービスを受けられる事で知られていますが、実は24時間、突発的な対応も可能な痒いところにも手が届く「コンビニ」のような存在でもあります。特に住宅型有料老人ホームは、原則介護サービスの提供が無いことから、隣接する事によって、居住者が介護サービスを必要とする場合は、利用登録した上で24時間馴染みのスタッフからサービスを受ける事がでます。それは大きな安心感につながり、環境の変化等に影響を受けやすい認知症の方にとっても大きな意味を持つこととなります。
小規模多機能型居宅介護でもう一つのポイントが、定額の利用料。利用者にとって上限を気にする必要がなく、事業者にとっても報酬額のあがる夜間帯も気兼ねなくサービスの提供が可能になります。
安心に加えて、和楽リビングでは食にもこだわり、家具もいわゆる介護専用の味気ないものではなく、機能性もデザインにも拘っています。単なる施設でなく"住まい"として、差別化をはかっています。

建築DATA

敷地面積 526m²
土地・建物 オーナー所有
運営主体 介護事業者
設計・施工 ミサワホーム中国

図: 間取り図


ページ先頭へ