本文へジャンプ

外科・整形外科

集患力のある医療ビレッジ内に、思い通りの戸建医院を開業

森整形外科(辻堂クリニックタウン内)

湘南の海が好きな院長、海から程近くのこの場所で医療ビレッジの計画があると聞き、開業を決意されました。
医療ビレッジとは、敷地の中に一戸建てのクリニックが複数存在しているもので、それぞれのクリニックごとに駐車スペースを完備していることが特徴です。こちらは、整形外科・内科の2科目のクリニックと、薬局の3棟からなる医療ビレッジとなりました。ミサワホームが土地オーナー様を交渉し、院長の希望レイアウトで戸建医院を建てていただきました。限られた敷地の中で、3棟が建ち並ぶ医療ビレッジ。患者様の動線や駐車場の配置などを綿密に検討し、計画に至りました。
単科で開業するのに比べ、連携を取って診療にあたることが出来ることも開業の決め手となりました。

写真: 外観

外観

写真: 明るい日差しが差し込む待合室

明るい日差しが差し込む待合室

写真: リハビリ室

リハビリ室

写真: 診察室

診察室

患者様が来やすく堅苦しくない空間にしたいという院長の思いを具現化

医療施設ということで、患者様が緊張して、萎縮することを避けたかった院長。オープンハウスのように入りやすく、コミュニケーションを取りやすい場所にするというコンセプトで医院作りを開始しました。抵抗感なく来ていただけるよう、家具等は柔らかい色で統一。院長はあえて白衣を着ず、スタッフもポロシャツで迎えるなど、温もりのある家庭的な空間になりました。
ドクターは院長1人の為、スムーズに移動、診察が出来るよう、診察室横にレントゲン室を設け、リハビリ室へも裏動線を使い、すぐに行けるよう工夫。これは、勤務医時代に培った患者様と医師との動線の考え方をいかんなく落とし込んだため、使い勝手の良いプランが出来ました。また待合室は南側に設け、明るい日差しが差し込む、居心地の良い空間作りに成功しました。患者様に親しまれる、機能と温もりを兼ね備えた理想の医院が完成しました。

建築DATA

敷地面積 1,074.73m²
延床面積 440.18m²
設計・施工 湘南ミサワホーム
図: 間取り図

ページ先頭へ