本文へジャンプ

皮膚科

女性に配慮したデザインが好評

ふらの皮膚科内科クリニック

8年前、内科診療所を開業された先生ご夫妻。今回、新たな場所で皮膚科を加えた2軒目の診療所を開設するため相談を頂きました。医師であるお嬢様が加わることもあり、開業当初は皮膚科・内科を標榜科目として掲げるものの、将来の医療状況の変化に対応できるように建物のプランニングが進められました。
設計コンセプトは「家庭的なあたたかみと、病院イメージの払拭」「若い女性に支持される、上質のデザイン」でした。もちろんプライバシーへの配慮や清潔感、機能性についても充分に配慮されています。

写真: 外観

地域の新しいランドマークとなるような個性的な外観デザイン

写真: 待合室

レストランを思わせるような、落ち着いた雰囲気の待合室

写真: 治療室

エステティックサロンのようなイメージの診察室

個性的で人目を引く外観と プチホテルを思わせるインテリア

完成した診療所は医療機関とは思えないイタリアンレストランのような人目を引く外観で、ひときわ存在感をアピールすることができました。インテリアや調度品も品良くコーディネートされており、まるでプチホテルのような印象です。ゆったりと余裕を持たせた待合室にはカフェのようにテーブルと椅子が並び、暖炉まで設置されています。吹き抜けを設けた中廊下には天窓から光がふりそそぎます。

診察室・処置室は将来的な用途も充分に検討し効率的に配置されています。音楽を聴きながら快適に過ごせる点滴コーナーやカウンセリング室も設けられ、患者さまに快適な臨床空間を提供しています。

建築DATA

敷地面積 991m²
延床面積 370m²
設計・施工 ミサワホーム北海道

図: 間取り図


ページ先頭へ