本文へジャンプ

建物賃貸借から自己所有へ 承継も踏まえて移転を計画

岡皮膚科医院

建物賃貸借方式で開業して20年が経過し、建物の老朽化を感じるようになった院長は、後継者への承継も念頭に土地を購入しての移転計画を決意しました。複数の建築会社に相談し、開業用地探 しから依頼。ミサワホームの不動産担当から要望に沿った候補地の打診をうけ、地主との交渉を経て用地を購入しました。既存の医院の使い勝手を活かしつつ、改善点などの希望を設計に依頼。内外装にわたってデザインにこだわりつつ、コストコントロールを実現する提案から、ミサワホームでの建築を決めました。

写真:外観

外観

写真:受付

受付

写真:待合室

待合室

写真:診察室前室

診察室前室

こだわりのデザインで 地域のランドマークとして 愛されるクリニックに

田園風景の中に佇む都会的な外観デザインが、ランドマークとしての存在感を醸し出しています。構造を木造とすることで工期を短縮しつつコストを抑え、外壁に天然石と吹付け塗装で、重厚感を演出しました。内装は清潔感のある白を基調とし所々にステンレスの仕上材がアクセントとなり、洗練された空間に。待合室から望む外構にもこだわり、受診時の緊張を和らげています。将来的な自費診療を念頭に、診察室の一つは壁に化粧腰板を採用し、床をタイルカーペットにすることでエレガントに仕上げました。バックヤードは直線状に各診察室をつないでおり、スタッフの作業動線を効率化しています。

建築DATA

敷地面積 745.53m²
建築面積 160.25m²
規模構造 木造 2階建
所在地 岡山県

図: 間取り図


ページ先頭へ