本文へジャンプ

皮膚科

近隣へのアンケート結果も取り入れ親しみやすい空間を実現

しみず皮膚科クリニック

ご実家のある豊橋市に戻って開業された清水先生。建築はハウスメーカー3社を検討し、ミサワホームに依頼頂きました。ミサワホームでは今回の設計にあたって周辺住民約100軒に独自のアンケートを実施。家族の年代、待ち時間や設備など皮膚科への希望のほか、通院に車を使うことが多いことを事前に把握。それらの声を参考に、清水先生の要望を細やかに取り入れました。「ミサワホームの案は、最初の図面からすでに納得のいくものでした。スタッフと患者さまの動線がスムーズで、駐車場も車を出し入れしやすい位置に充分な数がとられていました」(清水様)
玄関脇には感染症の患者さまのための隔離室を設け、受付を挟んだ反対側に開放的な待合室を。オレンジと木目をポイントにした親しみやすい色調が患者さまに安心感を与えます。

写真: 外観

外観

写真: 受付

受付

写真: 診察室

診察室

患者さまを大切に考えた機能的なプランニング

診察する医師は院長の清水先生と副院長である奥様のお二人なのに、診察室を3室設けた訳は―
「診察を終えたら、私が内側の通路で別の診察室に移動して次の患者さまを診察します。これなら診察の済んだ患者さまはあわてずに着替えられてストレスが減り、次の患者さまの待ち時間も短くできて回転がよくなります」 最近は美容に力を入れる皮膚科医も多い中、「あくまでも一般皮膚科の医師として患者さまの苦痛を和らげたい」と意欲を燃やす清水先生。機能的で明るさに満ちたクリニックが、その理念を強く支えています。

建築DATA

敷地面積 958m²
延床面積 235m²
設計・施工 ミサワホーム東海

図: 間取り図


ページ先頭へ