本文へジャンプ

内科

地域医療を担う診療所を先代から継承 診療しながらの建替計画

小ぐれ医院

先代からクリニックを継承し、地域医療に従事すること3年。患者の高齢化に伴いバリアフリー化も見据えて、既存クリニックの建て替えの検討をはじめました。ちょうどミサワホームが主催する医院開業セミナーを知り参加しました。当初は、少し離れた土地を購入しての移転開業か、既存敷地内の空地で建替かで悩んでいましたが、ミサワホームの担当者に、それぞれのメリットとデメリットを様々な角度から分析し提案してもらい、敷地内での建替えを決断しました。
また、最寄の調剤薬局まで少し離れていたため、敷地内に薬局の誘致を希望したときも、条件面や規制への対策についても薬局との調整をしてくれましたので、安心してミサワホームにお任せすることができました。

写真: 外観

外観

写真: 木目調のクロス貼り分けで温かみのある雰囲気を演出

木目調のクロス貼り分けで
温かみのある雰囲気を演出

写真: 診察室

診察室

写真: 検査室

検査室

高気密・高断熱で実現した省エネスマートクリニック光熱費も大幅削減

開院してびっくりしたのは、クリニックがとにかく暖かいんです。以前のクリニックはコンクリート造でしたが、どこからか隙間風が入ってきて底冷えしていたんです。ところが、ミサワホームオリジナルの木質パネル構法のこのクリニックは、冬場でも、午前中のみの暖房で、午後まで暖かいんです。本当にびっくりしました。
また、屋根には10kw/hの太陽光発電パネルを搭載し建物内に蓄電池を設けました。また、照明もLED照明を採用することで、電気代が相当抑えられてます。患者様にご負担をさせることなく、省エネできているので、すごく満足しています。

建築DATA

敷地面積 1,303m²
延床面積 208.46m²
構造・規模 木質パネル造 2階建
設計・施工 ミサワホーム東関東
図: 間取り図
図: 間取り図

ページ先頭へ