トップ - 住まい実例 - ZEHに心地よく暮らす

case 22

シンプルな空間で心地よく
ZEHに暮らす

神奈川県Uさん

シンプルで心地よい空間に、ゆったり過ごす
「家族がゆったりと過ごせる空間にしたかった」というUさん。白を基調にしたリビング・ダイニングには、大きな窓からたっぷりと光がさし込み、明るく心地よい。スクエアな配置は、どこにいても目が届き、家族の様子が自然に伝わる。「シンプルな空間には家具やインテリアが映えるので、自分好みに仕上げられます。妻はアクセントに赤い小物を飾ったり、観葉植物の緑を置いたりと、楽しんでいます」。

「蔵」を利用して、生活スペースをすっきり
日常的に使わず場所を取るモノは、大収納空間「蔵」にしまい、居室の限られた収納スペースに余裕を持たせて、片づけやすくしている。「蔵」は、小屋裏を有効活用して二つ設置。季節物や普段は使わない家具などの生活用品をしまう「蔵」と、ゴルフバッグや子どもたちのマンガなど趣味のモノをしまう「蔵」を使い分けている。

高断熱で、夏も冬も快適に過ごす
以前に暮らしていたマンションでは結露がひどく、保温性を意識したというUさん。特に熱の逃げやすい窓には、断熱効果を高めた樹脂ウッドサッシを選んだ。「冬の夜にLDKの暖房を使わなくても、朝起きた時に温度が下がっていないことに驚きました。外気の影響を受けにくいので、家の中は一年を通して過ごしやすいですね」。火の出ないオール電化で、「夏場の調理も苦にならなくなりました」と夫人も喜んでいる。

ゼロ・エネルギー住宅®での暮らしを実現
以前からZEH(※)に関心があったというUさん。10kWの太陽光発電を載せ、大容量の蓄電池をレンタルして、オール電化住宅に。「急な停電や災害時の備えとして蓄電池を付けましたが、昼間使う電気は、ほぼ太陽光発電と蓄電池でまかなえています」。 以前は電気・ガス代で月2万3000円ほどかかっていた光熱費も、今は電気代のみで1万3000円程度。売電額も月平均2万円を超え、プラス収支を実現。「今まで以上に快適に過ごしながら、家計にプラスなのは、すごいですよね」と満足されていた。

※ZEH…ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。「断熱+省エネ+創エネ」を組み合わせ、自宅で消費するエネルギー量と、自宅で創るエネルギー量の収支をゼロまたはプラス(使うエネルギー < 創るエネルギー)にする住まいのこと。

3LDK PLAN

延床面積
113m2(34.1坪)
敷地面積
143m2(43.2坪)
工法・構造
木質パネル接着工法(プレハブ)
竣工年月
2014年11月
販売会社
湘南ミサワホーム

LINK


住まい実例