トップ - 住まい実例 - 収納にこだわり、美しく暮らす

case 24

料理は、いつも3人で
週末は家族揃って食事

神奈川県Nさん

イギリスでの暮らしを日本でも
「ロンドン郊外で暮らしていたときから、食事は大切な家族の時間でした。週末は、妻と娘たちが料理して、2時間くらいかけて楽しんでいました」とNさん。イギリスから日本に帰国してからも、そんなかけがえのない時間を続けていきたいと新居を建てた。

キッチンに、母娘3人が並んで料理
Nさんが住まいづくりで重視したのは、キッチンとリビングダイニングだった。キッチンの前には、空が広がる大きな窓。自然光の明るさが満ちるなか、3人が調理しやすいようにキッチンをL字型にレイアウトした。その横に、ふだん家族が食事をされるカウンターを。その先には、ハーブなどを育てるキッチンガーデン。「休日は、娘たちとお話ししながら料理して、家族揃ってゆっくりと食事を楽しんでいます」と夫人はうれしそうだった。

ダイニングとリビングは、ゆるやかなつながり
ダイニングは食事を楽しむ場所、リビングはくつろぐ場所と考えたNさん。それぞれを独立した空間にしながらも、扉で仕切らずに天井高を揃え、一体感を持たせた。ダイニングは、イギリスで購入したアンティークの円卓を中心にデザイン。ホームパーティーを開いても、ゆったりとくつろげる。リビングは高天井で、南面のハイサッシと高窓からの心地よい陽射しがあふれていて、愛犬たちのお気に入りの場所だ。「LDKそれぞれの関係性がいいですね。ほどよくつながっていて、それぞれに広がりがあります」とNさん。

家族4人で集う時間を大切に
総タイル貼りの白い外観には、庭の緑がバランスよく調和。窓が少なく閉じた印象を受けるが、スリット窓や地窓を多くとり入れて、家に入ると光があふれている。そのギャップに、訪れた人も驚くそうだ。玄関は上り框を長くとり、ゆったりと。全体的にシンプルモダンなデザインで、アンティーク家具や絵画が映えている。「満足の住まいが完成しました。この家で、家族4人が集う時間を大切にしていきたいですね」とご夫妻が話してくれた。


住まい実例