トップ - 暮らしのプロたち - 小池龍之介さん

interview

モノを増やさない、
モノを出さない生活。

月読寺住職
小池龍之介さん

あふれるモノによって、なんだか気持ちが落ち着かない。
モノの存在が、気になって、ついつい心がザワザワしてしまう。
そんな心のノイズを消すためにも、モノとのつきあい方を考えたい。
「考えない練習」「“ありのまま"の自分に気づく」の著者である小池龍之介さんに、
モノを増やさない、モノを出さない生活、
そして、すっきりとした空間で過ごすことの価値を聞いた。

  • 写真1

    鎌倉にある月読寺の道場

  • 写真2

  • 部屋にモノが多いと落ちつかないのは、どうしてですか?
    生活感があると、心が落ち着かないものです。ちゃんと、生ききれていない自分に直面させられますから。いろんなモノに依存していて、いろんなモノを散らかしている自分に直面してしまいます。情報がいっぱいになって、思考がパンクしそうになるので、逃げ出したくなって旅行やカフェ、レストランに行ってしまうのです。生活感を目にしたくないから、逃避してリフレッシュしようとするのです。
    人間は、聞いたもの、見たものから無意識的に影響を受けます。ですから、食べものが目に入ると、食べたいとか、食べようと思わなくても、食べることに関する情報が無意識レベルに再生されます。炊飯器を見ると、ご飯のことをなんとなく思い出す。食器が散らかっていたり、食べ残しを見ると、なおさらその感情が強くなります。テレビが見えると、無意識につけようか、つけまいかという選択を何度も迫られる。パソコンがあると仕事しようか、しまいか、メールしようか、しまいか。選択を何度も迫られるのです。
    常に選択させられることが、集中を阻害します。私が部屋にモノを置かない理由は、執筆や坐禅にあたり自分の意識を散乱させるファクターを減らすためです。モノがあるとこうしようか、ああしようか、あれこれ思い出してしまう。左右に、前後に心を引きずるモノが無い方が、何であれ専念できます。
    心の静けさと安定と、集中はイコールです。複数の情報処理をしていると心が乱されます。心の平静が失われていきます。家も同じではないでしょうか。家のなかをすっきりさせておくことで、落ち着けて、安心できて、安らげる場所になります。いつもいる生活の場こそが、心が静かになれる場であることは、大切だと思います。
  • 写真3

  • モノを出さないための暮らしのコツは、ありますか?
    収納しなきゃいけないモノが多いと、隠さなければと思います。隠したら、目に入らない。でも、心は知っています。「あぁ、収納のなかはぎっしりだなぁ」。だから、モノは減らした方が良い。本当に必要ではない、めったにしか使わないモノは捨てるといい。部屋もすっきりとしていて、収納のなかもすっきりとしているのがいいのです。本来、見えないところに気を遣うことに日本の美意識があるのですが、現代人はそれをすっかり忘れてしまっていて、見える場所はきれいなのに、見えない場所はおざなりになってしまっている。そうではなく、見えない場所を美しくするのが、いいと思います。
    私は、上手に収納することはズボラなのでできない、とあきらめていて、その代わりにモノを徹底的に無くしてしまいます。先日、アルバイトの方から「ポン酢を買いませんか」と勧められましたが、醤油があるからと断りました。それっぽいのを食べたいときは、スダチを混ぜればいい。先日、両親が残していた冷蔵庫を捨てました。そのなかには、10種類ほどのつゆがありました。醤油だけで、いい。値段は高いかもしれないけれど、古式醸造でしっかりと三年ほど熟成させた醤油。本当においしい醤油。それをベースに他は自分で作ればいい。そうすれば、冷蔵庫のなかもすっきりします。
    鍋もそう、良いものをひとつ。あとは使い回せばいい。自分としては、価格にとらわれずに、高かろうと安かろうと関係なく買って、長く使います。感覚にフィットするものがひとつだけありさえすれば、類似するモノはいらなくなります。すごい威力のある、真っ当なモノがひとつあれば、似たモノはいらなくなるでしょう。
  • 写真6

  • モノを選ぶときに大切にしていることは、ありますか?
    私がモノを気に入る基準は、使い心地が最優先で、次にデザイン性です。そういう執着までは捨てられないでいます。シンプルで、すっきりしていて、ちょっとかわいい。いかついというより、コロンとしていたりするモノ。修行する前は、優美なデザインのものを好んでいた気がしますが、今の好みの中心は、削ぎ落としたモノ。目立とうとせず、余計なモノがついてなくて、不必要にキラキラしていない。いろいろ削ぎ落として、使うにあたって、使いやすいモノ。江戸時代から伝統的にちゃんと使われてきたモノも好きです。
    たとえば畳や文机、漆器がそうですね。 器は、漆塗りの本当にいい漆器。ご飯、汁、向こう付けに、三種類があればいい。シンプルだけど、手触りが良くて、きれい。漆器は高価で特別なときに使うと考えられていますが、毎日、使っていても丈夫。使い込むと風合いがでる。木ですから、軽くて手触りもいい。使い始めて数ヶ月くらいまでは、炊きたてごはんに、漆の味がうっすら染み出て、それもいい。
    「私がこう思う。こういうのが食べたい、こういうのが聞きたい」と心が叫んでいるせいで、その叫びによって他の味が、かき消されたり、見えているものが見えなくなっています。脳は自動的に世界を限定してしまう性質があります。見えていると世界と、実際の世界とは違うのです。脳は、情報を百分の一に切り詰めています。だから、想いが静かになると、今まで知らなかった味や食感、いろんなことが見えてきます。「仏教の修行での食事って味気なくなるのでしょうね。つまらないでしょうね」。と思うのは大いなる誤解です。普通に生きていると、現実を切り詰めています。それに比べると、とても豊穣な味や音の世界が広がっています。
  • モノを減らすためのコツはありますか?
    モノとの関係においては、自分を見つめざるをえません。捨てようかな、これはもったいない、誰々が気に入っていたと抵抗を感じるのが、心のクセ。人間は、無意味にモノをかき集めると自分の心配が減ると思っている。モノが減ると生活がちゃんとできないのではと心配している。「もったいない」という美徳によって、捨てない自分に暗示をかけて騙しているだけです。言い訳しているだけで、単に所有感覚に執着しているのです。
    だから、捨てるときに、自分の内面に向き合うことが大事。強引に捨てるのではなく、なんで捨てられないのだろうと洞察してみることが大切です。もったいない?でも、それはごまかしであって、本当はモノが減るのが怖いのでは?と。捨てない原因を考えて、はっ、と気づく。「そういうことなら捨ててもいいのではないか」。自分のことを理解して、執着がふと取れて、楽になる。これは、智慧の伴った捨て方です。捨てることもさることながら、自分を克服する喜びがあります。なにがなんでも、無理矢理捨てるアプローチだと、自分の自然な気持ちを踏みにじってしまうことになりますからね。
    智慧の伴った捨て方のコツは自然体の自分より、ほんの少しだけ難しいことをやる。これくらいなら抵抗なくできるかなということに、チャレンジする。最初はレベルの低い簡単に捨てられるものから始めてみる。気持ちも楽だし、気持ちいい。捨てることは、気持ちいいことが肉感的にわかってくる。これはいいことだと、心がわかってくる。次は無理をしなくても、楽にモノが捨てられる。それを繰りかえしていると、無駄なモノが減っていくのです。
  • 写真7

    好きな色は、純白です。まっさらな感じで、ゼロをイメージする感覚です。
    坐禅していて、目を開けた目の前が真っ白だと、清心な気持ちになれます。

profile

小池龍之介さん
小池龍之介さん
1978年生まれ。東京大学教養学部卒業。月読寺(神奈川県鎌倉市)住職、正現寺(山口県山口市)住職、ウェブサイト「家出空間」主宰。僧名は龍照。住職としての仕事と自身の修行のかたわら、一般向け坐禅指導も行っている。著書に「考えない練習」(小学館文庫)、「“ありのまま”の自分に気づく」(角川SSC新書)などがある。

information

“ありのまま”の自分に気づく
“ありのまま”の自分に気づく
心に余裕を持って生きるには、どうすればいいのか。小池龍之介さんが、仏教の経典や他の諸分野の書物をもとに、現代を生きる私たちが陥りがちなさまざまな心の問題を克服していく術を伝えていきます。2014年1月に出版(角川SSC新書/KADOKAWA/角川マガジンズ)。



住まい実例