トップ - 暮らしのプロたち - 原 あかねさん

interview

収納で実現する、
子育て家族の大満足LDK

ミサワホームイング 設計担当
原 あかねさん

「こんな暮らし方があったのね」。
収納リフォームを実施した多くの方が、そのように思うそうだ。
それぞれの子育て家族の生活スタイルや持ちモノ、悩みに応じて
収納を計画して、快適な住まいを実現する。
モノが出ないようにして、すっきりした空間に豊かな時間が流れ始める。
数多くの収納計画を提案してきた原さんに、その秘訣について聞いた。

  • 写真2

  • モノが多くて、イライラする
    家じゅうにモノがあふれて、心が落ち着かない。ハウツー本などを参考に収納するスペースは用意したけれど、なんだか片づかない。リフォームの要望を聞いていると、片づけがうまくできないから収納を増やしたい、と悩んでいる方がとても多いと感じます。特に子育て中は、子ども服やおむつ、おもちゃなどのモノが増えるので、そのストレスは大きくなります。

    掃除の手間が増えて、ストレス
    最近は共働きの夫婦が多くて、少しでも家事時短がしたいと思っています。モノが部屋に出ていると、それだけでモノの上と下に埃が溜まります。そうすると掃除の際も、いちいちモノを持ち上げてキレイに拭かなければならない。その手間は、かなりのストレスです。収納できたとしても、その中が把握できていないケースも多いようです。なにがどれくらいあるのか、分からない。これも、モヤモヤします。
  • 写真3

    【リフォーム事例】 広く作業効率のよいL型の対面式にリフォームしたキッチン。奥には食材や飲料をたっぷり保存しておけるパントリーを提案。万一に備えた備蓄庫としても役立つ。

  • 片づけ上手になる住まいへ
    多くの方が片づけに悩むのには、そもそもの収納計画に問題があります。たとえば大きな納戸があっても、そこが生活の中心となるLDKから遠ければ、利用頻度は減ってしまいます。また、奥行き650㎜のクロゼットばかりだと布団はしまえませんし、本を収めるにはムダなスペースができてしまいます。生活動線に沿った、適材適所の収納計画が必要なのです。

    まずは、徹底的なヒアリングから
    収納計画を考えるうえで、日々の行動、趣味、暮らしの悩み、所持品などを徹底的にヒアリングします。週どれくらい買い物をするのか、昼間に出かけることは多いのか、お泊りになるゲストの人数や頻度、将来の人生設計をお聞きして、ご家族ごとのライフスタイルに合った収納計画を考えていきます。

    適材適所にしまえるように計画
    お話をお聞きしたうえで、お持ちのモノと向き合っていただきます。場所をつくって押し込むのではなくて、必要なモノやずっと残したいモノを絞ります。そして、残したモノに対して、使う場所ごとに必要な収納量を計画することで、自然に片づけられる住まいを設計。そのときに、奥行きは布団なら800mm、洋服なら650mm、食器棚なら450mm、本棚なら300mmといった基本サイズを考慮して、収納を設けていきます。

    時代に応じた収納で暮らしを豊かに
    単にモノをしまうだけでなく、暮らしを楽しむうえでも収納は大切です。たとえばキッチンパントリーがあれば、お気に入りの食材などもストックしやすいですし、ひとまとめにすることで、量が把握できて無駄も減らせます。ネットで揃えた各国の調味料を並べてみたり、ワインセラーを置いたり、収納で食を豊かにすることができます。
  • 写真4

    【リフォーム事例】 2間続きの和室と広縁を開放感あふれるLDKに。広縁だった耐力壁の後ろの空間を利用して室内干しのスペースに。リビング側からは隠れて、見た目もすっきり。

  • 子育てに適した収納とは
    子育て期には、安全・清潔・しつけといった視点を意識して、リフォーム提案しています。たとえば、置き家具では室内に凹凸ができがちですが、壁厚を利用した本棚を造作すれば、室内の角を減らせて安全性が高まります。埃の溜まる場所もなくなり、清潔という点でもメリットが大きいですね。また、その本棚をお子様用にして、整頓するたびに褒めてあげることで、片づけ力を育みます。

    洗濯物が増える、子育て期
    子育て期は家事が増えるので、その事情を考えた収納も人気ですね。以前にリフォームしたお宅では、和室2部屋をつないで広いLDKにしましたが、広縁にあった耐力壁をうまく目隠しにして、室内干しのスペースをつくりました。天気を気にせずに洗濯ができると、喜ばれました。
  • 写真5
  • 写真6

    【リフォーム事例】 ダイニングに造り付けの収納を設置。普段使いの食器は扉のある収納棚へしまい、お気に入りの器はディスプレイ収納へ。ゲストが使いたい器を自分で選べる楽しみがある。

  • 好きに囲まれる暮らし
    適材適所の収納を設けて、できるだけモノはしまう。そして、LDKには好きなモノを出しておくスタイルが増えています。読書が好きな方は書棚を、器を集めるのが趣味の方はガラス棚を。家族がくつろぐための場所であるLDKに、好きなモノを見せる収納を設けています。
    リフォーム後に、「こんな暮らし方があったのね」とオーナーの方から感想をよくお聞きします。収納の工夫で、住まいに豊かな時間が流れ始めます。収納はモノをしまうだけでなく、ご家族の暮らし方を大きく変えていくのです。

profile

原 あかねさん
原 あかねさん
ミサワホームイング(株)東京東設計課 設計担当。一級建築士。リフォームエンジニアや設計デザイン室で設計現場に携わり、現在も設計の傍ら若手への指導や広報に携わる。

関連サイト
ミサワホームイング

information

収納リフォーム
収納リフォーム
どこで使うか、どうすればラクな動作でしまえるかなど、お客さま一人ひとりの生活動線にしっかり配慮して、自分らしく・美しく暮らせる収納を実現。ただ収納を増やすのではなく、場所や使い方によって最適な収納方法を提案するカタログを差し上げます。



住まい実例