トップ - 暮らしのプロたち - 板原 昌樹さん

interview

スペシャリティコーヒーで
前向きな気持ちに

焙煎士
板原 昌樹さん

コーヒーには、苦味だけではない豊かな味わいがある。
最近は、シングルオリジンのコーヒーファンが増えている。
「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」
清澄白河ロースターの焙煎士・板原昌樹さんに
スペシャリティコーヒーの魅力と楽しみ方を聞いた。

  • 写真2

  • 清澄白河で焙煎しています
    今ではコーヒー好きの聖地として数多くのスペシャリティコーヒー専門店が軒を連ねる清澄白河ですが、この「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」清澄白河ロースターが、最初に焙煎所併設のカフェとして2012年4月にオープンしました。焙煎所としての機能を持たせるうえで、この大型の焙煎機を設置できるスペースが必須だったので、ここは天井が高く最適な場所でした。

    その日に焙煎したコーヒーを提供しています
    清澄白河ロースターの中心には、サンフランシスコから取り寄せた35kg釜の焙煎機があります。釜が大きいので焙煎が安定しますし、熱風のみで加熱するため焼きムラが少なく、クリアな味に仕上がるのが魅力です。ここで豆本来の香りを最大限に引き出し、熟成させています。人通りの少ない立地ながら、平日でも多くの方にスペシャリティコーヒーを楽しんでもらっていますね。

  • 写真3

  • 写真4

  • シングルオリジンのコーヒー
    ここで焙煎士の仕事をするようになって、初めてエチオピアのイルガチェフェというシングルオリジンだけで淹れたコーヒーを飲みました。苦味のない爽やかでフルーティーな酸味に、「これは本当にコーヒーなのか?」と衝撃を受け、このコーヒーの豊かな味わいを、もっとたくさんの人に知ってほしいと思いました。

    コーヒーのニューウェーブ
    最近では、本物志向のお客様が多くなっていて、香り豊かで苦味のないシングルオリジンのコーヒーのファンが増えています。シングルオリジンというのは、ブレンドせずに単一種の豆を使い、生産農場や品種、精製方法などの単位で一銘柄としたコーヒーのことです。同じ生産国や品種であっても、農場ごとに土壌や気温は異なるので、豆に個性が生まれます。

    紅茶にも例えられるさっぱりした酸味
    私たちの会社は、チョコレートブランド「ピエール マルコリーニ」を手がけています。チョコレートの味を決めるカカオ豆の品質にこだわってきました。そのスタイルで、コーヒー豆を吟味して取り寄せています。そのひとつがエチオピア産のイルガチェフェ。フルーティーな甘みと、紅茶のようなさっぱりとした後味のいい酸味が特長で、浅煎りで焙煎しています。コーヒー豆本来の味と香りは焙煎することで引き出されるので、焙煎の仕方を調節しながら、その風味を最大限に引き出すようにしていますね。
  • 写真4

  • 写真4

  • 自分のお気に入りの味を見つける
    ワインに産地や品種ごとの個性があるように、シングルオリジンも香味や後味、クセなどそれぞれに豊かな個性があります。いろいろな豆を、ぜひ飲み比べしてみてください。好みの豆を見つけたら、今度は同じ豆を別のお店で飲み比べすると、お店ごとの風味の出し方の違いに気づくと思います。そうして、自分のお気に入りの味を見つけてほしいですね。

    香りや味わいの違いにこだわる楽しみ
    自宅で楽しむときでも、豆の種類やコーヒーフィルターの目の粗さ、あらゆる要素でコーヒーの風味は変わります。淹れ方ひとつみても、淹れるときの湯温が高いほど香りは立ちやすく、苦味が強く出ます。そこから1分半くらい間をおいて温度が60℃くらいになると、熱さや苦味が落ち着いて、豆本来の味わいを一番感じることができます。飲み頃を見極めて、豊かな風味の広がりを楽しんでみてほしいと思います。

  • 写真6

  • 写真7

  • コーヒーで心を満たす
    休みの日は必ず、ベランダでいつも同じマグカップでコーヒーを飲むのが、私のスタイルです。冬でもダウンジャケットを着こんで、外の空気を感じながら、温かいコーヒーをゆっくりと楽しんでいると、じんわりと満たされた気持ちになります。

    丁寧にコーヒーを淹れて、気持ちを前向きに
    大好きな豆をミルでゴリゴリと挽いて、お湯をドリッパーに丁寧に注ぎ、コーヒーを淹れる。ハンドドリップの手順を進めていくことで、コーヒーが香り始める頃には気持ちが前向きになっていきます。なんとなく元気が出ない日でも、「今日はなにをしよう!」と心に前向きな力が満ちてきます。仕事や育児で忙しい時でも、コーヒーを淹れて飲んで、気分転換。自分で見つけたスペシャリティコーヒーで、毎日を楽しく豊かに過ごしてほしいと思います。

  • 写真7

profile

板原昌樹さん
板原昌樹さん
「ザ クリーム オブ ザ クロップ コーヒー」清澄白河ロースターの焙煎士。清澄白河ロースターでは、常時5種類のシングルオリジンとオリジナルブレンドを用意しており、その場で飲むことや購入が可能。また、板原さんからコーヒーの知識や楽しみ方を直接聞くことができる。

関連サイト
The Cream Of The Crop Coffee



住まい実例