CENTURY SUKIYA

和の精神をいつまでも伝え残せる住まいです

日本人の原風景ともいうべき、数寄屋をはじめとした日本建築の基本に立ち寄り、現代の暮らしに合った住宅を設計しました。

  • CONCEPTCONCEPT

    古き正しきを新しく

    古くからある知恵や工夫、作法、暮らし方にいたるまで新しい方法で建てる「SUKIYA」です。住まいのどこにいても「おもてなしの心」「和みの暮らし」「日本人の美意識」が感じられます。

  • おもてなしの心をかたちにしました

    玄関ホールは、正座でお迎えできる畳敷。普段着のままくつろいでいただきたいお客さまは、勝手と一体化した茶の間でのおもてなし。自分へのもてなしとして書院もしつらえました。

  • 心身が和む、健康的な生活があります

    1階全面に畳を採用。24畳の大広間も設計しました。天然素材とM-Woodのコーディネートにより、端正なゆらぎのインテリアを実現し、どこにいても和める住まいです。

  • 堅、楚、懐、整の美意識が生きています

    「堅」はしっかりしたつくり。「楚」は清楚で品のあるつくり。「懐」は懐の深さや陰影。「整」は色や面、線などすべての意匠の整理整頓。数寄屋本来の精神――簡素な四つの美を表現しました。

PLAN

in void type
大空間ワンルーム設計のインボイドタイプ

CENTURY SUKIYA
  • CENTURY SUKIYA
  • CENTURY SUKIYA
39-2E
間口(東西)/10.9m 奥行(南北)/9.5m 建築面積/104m²
延床面積/125m²(「蔵」部分7m²は含みません)

OUTLINE

CENTURY SUKIYA

 

工法
木質パネル工法
階数
2階
特長
二世帯・三世代住宅 / 和モダン
※写真には仕様変更、その他の理由により再現できないものが含まれています。
CENTURY SUKIYA

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。