まちの暮らしをリ・デザイン

「造り」「透き」「溜り」「抜け」「備え」という5つの手法を採り入れ、新しいつながりのカタチと暮らしをデザイン。住み続けてきた人も、これから住む人も、この住まいを通じて、自分たちのまちがもっと好きになります。

  • CONCEPTCONCEPT

    まちとつながる、人とつながる

    まちの暮らしをもう一度デザインする、ミサワホームのGENIUS UD。「造り」「透き」「溜り」「抜け」「備え」という、日本の美意識や、空間にゆとりを感じさせる工夫、先進の技術をいかした5つの手法を採り入れ、まちや人との新しいつながりをデザインします。

  • 「造り」で、美意識をデザイン。

    ふたつの美意識を追求した「造り」の住まいです。ひとつは造形の美。シンプルを基本に住まい自体の陰影や奥行感を表現し、深みのある佇まいとします。見上げ視線まで意識した軒天など、ディテールにこだわった上質なデザインです。もうひとつは関係の美。まちとのつながりを深める開かれた設計を追求し、植栽を施してうるおいも提供します。日本のまちなみを高め、日本の四季を愉しむわが家になります。

  • 「透き」で、つながりをデザイン。

    オープンに暮らしたいと思っても、まちの生活はプライバシーや防犯面が不安です。そのため、外に対して閉じた家になってしまいがちでした。そこで、ルーバーやガラスによる「透き」を利用することで、屋内外のつながりをデザイン。室内に採光ができて外の様子もわかり、外からは暮らしがほどよく伝わります。夜は明かりが街路灯の役割を果たし、まちの安心にも貢献。あたたかなコミュニティをデザインします。

  • 「溜り」で、ふれあいをデザイン。

    足を止めて、少し立ち寄ってみたくなる。おしゃべりを楽しんで、長居したくなる。そんな「溜り」の場を意図的に設計することで、新しい人と人との新しいふれあいが生まれます。ご近所の方とちょっとしたひとときを楽しめる、外と内の中間にある縁側空間のようなエントランス。ご家族でゆっくりとくつろげる、籠り感のあるダイニング。ほどよく囲まれ感のあるナカ庭は、自然にもっと近づいて暮らせます。

  • 「抜け」で、心地よさをデザイン。

    面積としての広さには限りがあるため、ふたつの「抜け」による空間の広がりをご提案しています。ひとつはヨコの「抜け」で、1階パブリックフロアをL型ゾーニングとすることにより視線が抜け、平面的な広さを強調する空間設計に。さらにコーナー開口サッシでナカ庭や自然の心地よさも取り込みます。もうひとつはタテの「抜け」。リビングなどの天井をより高くし、大きな開放感をデザインします。

PLAN

深く端正な美しさで、まちの暮らしを豊かにする住まいです

43-2RSE
間口(東西)/8.1m 奥行(南北)/11.8m 建築面積/77m²
1F床面積/73m² 2F床面積/67m² 延床面積/140m²
※床面積に蔵面積23m²、バルコニー面積6m²は含まれません。
※寸法は小数点第2位以下、面積は小数点以下が切り捨てです。詳細は担当のホームエンジニアへお問い合わせください。
プランバリエーションを見る
close

上質な佇まいが、まちの美しいアクセントになる
「3階建タイプ」。

立体感のあるファサードの基本構成はいかしながら、2階のコーナー開ロサッシがまちへの"窓"となり、つながりを感じさせるデザインとしています。まちなかで建物に囲まれた狭い敷地でも十分な広さと明るさを確保する3階建プランです。

41-3SW
間口(東西)/6.3m 奥行(南北)/10.4m 建築面積/60m² 1F床面積/38m² 2F床面積/57m² 3F床面積/38m² 延床面積/134m²

OUTLINE

GENIUS UD

 

工法
木質パネル工法
階数
2階/3階
特長
蔵のある家/二世帯・三世代住宅/中庭のある家
※写真には仕様変更、その他の理由により再現できないものが含まれています。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。