• TOPへ
  • 断熱性・気密性
  • 遮音性
  • 屋内空気環境
  • 微気候デザイン
  • バリアフリー

AMENITY

微気候デザイン

先人の知恵と先進の技術・デザインを融合し、
1年を通して快適な住まいを実現する「微気候デザイン」。

「南北痛風」設計を基本に、風の流れをデザインします。夏の直射を遮る深い軒の出。冬は蓄熱効果が期待できる土間

1000年の昔から伝わる知恵を、現代の住まいにいかし、
夏も冬も心地よい「微気候デザイン」を採用しています。

「家のつくりようは、夏を旨とすべし」と吉田兼好が書いたように、昔は高温多湿の夏をしのぎやすくすることに主眼をおいて家づくりをしていました。寝殿造りに代表される開放的な建て方で風通しをよくし、深い軒で日射を遮り、庭の樹木で風向きをコントロールする。こういった工夫によって、エアコンがない時代にも快適に過ごせたのです。ミサワホームは、高断熱・高気密など高い住宅性能をベースに、それら先人の知恵を現代の住まいづくりに取り入れることで、自然環境や気候風土をいかした快適な室内環境を実現します。昔ながらの知恵と先端のテクノロジーを融合させて1年中快適に暮らせる住まいを設計することを、ミサワホームは「微気候デザイン」と名付けました。微気候とは、住まいとその周辺に限った気候のこと。たとえば庭の植栽で導き、直射日光を遮るのも微気候デザインのひとつです。ミサワホームは地域の気候を把握したうえで、それぞれのお住まいの敷地やプランごとに、最適な微気候デザインをご提案しています。人にも地球にもやさしい暮らしをトータルに考えた、心地よい住まいを実現できます。

  • 日本の伝統的な民家日本の伝統的な民家
  • 自然の心地よさを取り入れた住空間自然の心地よさを取り入れた住空間
  • まちづくりに微気候デザインをとり入れた宮崎台「桜坂」まちづくりに微気候デザインをとり入れた宮崎台「桜坂」
伝統的な町家における住環境の工夫
伝統的な町家における住環境の工夫 内庭を利用して、風のない時でも室内に空気の揺らぎをつくりだし、涼しさを演出
春(左)と夏(右)の落葉樹による微気候効果
春(左)と夏(右)の落葉樹による微気候効果 左/葉を落とした春の落葉樹による「日向ぼっこ効果」。地表面温度は気温より5度ほど高く、春のうららかさを体感できます。
右/葉を茂らせた夏の落葉樹による「緑陰効果」。樹木の日射遮蔽効果が明瞭で、日向との表面温度の差は約15度。
春(上)と夏(下)の落葉樹による微気候効果
春(左)と夏(右)の落葉樹による微気候効果 上/葉を落とした春の落葉樹による「日向ぼっこ効果」。地表面温度は気温より5度ほど高く、春のうららかさを体感できます。
下/葉を茂らせた夏の落葉樹による「緑陰効果」。樹木の日射遮蔽効果が明瞭で、日向との表面温度の差は約15度。

陽射しを遮り、風がしぜんに流れる住まいで
涼しくエコロジーに暮らす、夏の「微気候デザイン」。

陽射しを遮り、風を採り入れ、熱気を排出するのが夏を涼しく暮らす知恵。夏の日射は、庭の樹木や深い庇でカットし、壁面や室内の温度上昇を抑えます。室内の風通しを良くするため、日本の風土に合った「南北通風」設計が基本。さらに、暖まると上昇する空気の性質を利用した「温度差換気」をご提案しています。トップライトや欄間付きドアなどを設けることで、高低差によりしぜんに風が流れ、無風時も天井付近にこもりやすい熱気を効果的に排出できます。夏でもエアコンの使用を抑え、自然が持つ本来の涼しさで健康的に快適な暮らしができ、省エネルギーにも貢献します。

夏の微気候デザイン

陽射しを採り入れ、室内の暖気を逃さず
暖かくエコロジーに暮らす、冬の「微気候デザイン」。

暖められた空気を逃さないのが、冬を快適に暮らす知恵。「アルウッドサッシ+ペアガラス」を採用した開口部は、陽射しをたっぷり採り入れ、しかも室内から暖かい空気を逃しません。独自の大型パネル化したPALC外壁の複層構造によって、高断熱・高気密設計を実現し、さらに室温をキープ。冬の日中に太陽熱を蓄え、夜間に少しずつ放熱して室温の低下を抑える蓄熱土間などもご提案しています。トップライトは気密化し、シーリングファンは夏とは逆に上昇してきた暖気を下へ戻します。冬の乾燥をやわらげる、吸放湿性のある内装材・建材もご用意しています。

冬の微気候デザイン
夏も冬も住まいを心地よくする「微気候アイテム」
夏も冬も住まいを心地よくする「微気候デザイン」
  • 熱損失を抑えるアルウッドサッシ
  • 夏の西日を遮るウイングウォール
  • 光と風を通すウォールルーバー
  • 熱を蓄え、夜は放熱する蓄熱土間
  • 夏の強い陽射しを遮る玄関庇
  • 風通しを良くする欄間付きドア
  • 温度上昇を防ぐ高遮熱の粘土瓦
  • 排熱するシーリングファン+トップライト

ワード

吉田兼好

鎌倉時代後期から南北朝時代の随筆家・歌人。 本文中の一節は、代表作といえる随筆「徒然草」に書かれている。

寝殿造り

平安時代の貴族住宅の様式のこと。開放的な造りで、内部は板敷きで間仕切りはほとんどなく、室外とは蔀戸などで仕切られていた。

町 屋

主に京都の職住一体型の住居形式。「うなぎの寝床」と表現され、間口が狭く奥行きが深いつくりが特徴。自然の快適さを採り入れた住まい。

宮崎台「桜坂」

2001年度、住宅地としてグッドデザイン賞を受賞。地形をいかしたランドプランニングによる、快適な住環境や自然と調和した街並みが高く評価された。

南北通風

日本の夏は南から北へ風が吹くため、その特性に合わせて住まいの開口部を南面と北面に設け、風通しの良い設計にする。

温度差換気

空気は温まると上昇する性能を利用して、下方から風を採り入れ、上方から排熱する換気法。

落葉樹

冬に落葉する樹木。夏は茂った葉が日射を遮り、冬は落葉することで陽射しを採り入れる。

蒸散作用

植物が根から吸い上げた水分を葉から蒸発させること。このときの気化熱を利用すれば、涼しい風を室内へ送り込むことができる。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。