• TOPへ
  • 断熱性・気密性
  • 遮音性
  • 屋内空気環境
  • 微気候デザイン
  • バリアフリー

AMENITY

屋内空気環境

ミサワホームはトータルな空気環境ソリューションで、
365日24時間、快適で健康的な暮らしをサポートします。

ここちエア&すこやかインテリア エアテリア

換気のデザイン
エネルギーロスを抑えながら換気する熱交換型換気システムを標準装備。
「外気フィルター」で屋外の空気に含まれる物質の侵入を抑えます。

標準装備の「熱交換型24時間フロアセントラル換気システム」は、高気密設計をいかして住まい全体を効率的に換気。屋内の汚れた空気を排出し、屋外の新鮮な空気を採り入れます。その際、給気と排気の間で熱交換を行い、換気による冷暖房エネルギーロスを最小限に抑えると同時に、屋外の空気を室温に近づけて給気します。また本体には、外気に含まれる物質の侵入を抑える「外気フィルター」を搭載しています。花粉などの比較的大きな物質を捕集対象とした「標準外気フィルター」に加え、社会問題にもなっているPM2.5などの大気汚染物質への対応※1として「高捕集外気フィルター」も搭載可能(オプション)。さらに、屋内に侵入した物質を浄化する「空気清浄機(天井埋込型)」もご用意しています。

フロアセントラル換気システムの概念図
設計段階から開口部などを工夫すれば、快適に暮らせます
空気清浄機屋内と屋外
空気清浄機(天井埋込型)の仕組み
空気清浄機(天井埋込型)の仕組み

温度のデザイン
家全体をまるでひとつの部屋のように一定に保つ全館空調システムを
ご用意。 居室間の温度差、上下の温度差を緩和して快適です。

吹き抜けやリビング階段などタテにつながる空間設計は、ご家族のふれ合いを深めますが、ルームエアコンでは快適な冷気や暖気が居室から逃げてしまい冷暖房ロスが気になります。ルームエアコンは廊下には設置しないため、温度差によるヒートショックや体調不良も心配です。ミサワホームでは、家全体をトータルに空調し、居室と廊下間の温度差・上下階の温度差をともに解消する全館空調システムをご用意しています。家の中がまるで一つの部屋のように、どこでも快適な温度になります。

外壁の遮音効果(500hzの場合) *プランにより、全館空調システムの室内機・配管・チャンバーの設置位置等は異なります。

清浄のデザイン
「プラズマクラスター技術」採用のイオン発生機、
アレル物質※2を抑制する抗アレル内装材もご用意しています。

空気中に浮遊するカビ菌やダニのフン・死がいの浮遊アレル物質、衣類やカーテンに付着したタバコ・汗のニオイ。それら空気環境を悪化させる原因を、自然界に存在するのと同じイオンをプラズマ放電により作り出して放出することで分解・除去したり、浮遊ウイルス※4の作用を抑えるのが「プラズマクラスター技術」です。ミサワホームでは、天井から居室に清潔で快適な空気を届ける、天井埋込型プラズマクラスターイオン発生機をご用意。天井から高効率に気流を制御でき、省スペースでインテリア性にもすぐれています。 また、床やカーペットのアレル物質は人の動きで舞い上がり、再び落ちてきます。その対策として、表面に塗布された薬剤がアレル物質に反応し、その働きを不活化する壁紙や、アレル物質を抑制する塗装仕上げとした床材もご用意。床材にアレル物質が一定時間触れると、抑制された形に変化します。※5

プラズマクラスター採用 *当技術マークの数字は、この商品を天井中央に配置して、風量「強」運転時に、適用床面積の部屋の中央付近(天井より1m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm³当りのイオン個数の目安です。
*プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。
「プラズマクラスター」による除菌メカニズム(イメージ図)
プラズマクラスター技術 浮遊ウイルスやダニのフン・死がいのアレル物質などの作用を抑える効果があります。 プラズマクラスター技術には、浮遊ウイルスや、ダニのフン・死がいのアレル物質などの作用を抑える効果はありますが、これにより無菌状態が作られるものではなく、感染予防を保証するものではありません。

ワード

※1 空気中の微小粒子状物質、有害物質のすべてを除去できるものではありません。

※2 アレル物質:ダニの死がいやフン、花粉など、アレルギー症状を誘発する可能性がある物質。

※3 水分子に取り囲まれていないイオンと比較、シャープ株式会社調べ。

※4 浮遊ウイルス[約25㎥(約6畳相当)の密閉した試験空間での約66分後の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。]●試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所●試験方法:約25㎥(約6畳相当)の試験空間内にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:25,000個/㎤)●対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:約66分で99%抑制。

※5 アレルギー症状を緩和したり、治療したりするものではありません。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。