• TOPへ
  • 断熱性・気密性
  • 遮音性
  • 屋内空気環境
  • 微気候デザイン
  • バリアフリー

AMENITY

遮音性

静かで快適な暮らしを守る、確かな騒音対策と、
個人のプライバシーを守る、安心の生活音対策を考えています。

周りの環境に適した遮音対策が大切です。屋外の気になる騒音をシャットアウト。高レベルの生活音対策で、プライバシーを尊重。

周辺環境の諸条件を踏まえた遮音対策。
設計段階から音源に配慮することが大切です。

遮音対策は、住まいに求められる強度や耐震性、耐火性、断熱性などとは異なり、数値だけで住まいの心地よさを判断できるものではありません。たとえば、虫の声や川のせせらぎを楽しむために自然の豊かな田園に家を建てた場合、万全な遮音対策を行うのではなく、窓の外に耳を傾けて過ごす時間を設けられるような配慮もしたいものです。どのように暮らしたいのかを考えた上で、地球環境を配慮し、設計段階から音環境づくりを検討することが大切です。それだけに、邸別にていねいな対応・設計が欠かせません。ミサワホームは、周囲の状況を多角的に分析し、一人ひとりのご要望やライフスタイルに応じて、トータルに配慮されたお客さまにぴったりの住まいをご提案します。

空気伝搬音と個体伝搬音(例)
空気伝搬音と個体伝搬音(例)

しっかりと遮音をしたい場合には、2種類の音に配慮した設計や仕様にする必要があります。それは、テレビの音や人の話し声など空気の振動によって伝わってくる「空気伝搬音」と、足音やモノを落とす音などが床や壁を伝わってくる「固体伝搬音」です。車の走行音や工事現場から出る騒音などは、両方がミックスされていると考えればいいでしょう。
ミサワホームでは、近隣や道路などの周辺環境を調査する際に音源にも配慮。騒音問題に発展しやすい道路の位置や隣家との距離を考えた上で、プランニングします。たとえば、交通量の多い道路に敷地が面している場合は、開口部の位置を音源から遠ざけたり、大きさを調整したりして対応します。また、隣家のカーポートの近くに寝室を設けないなど、間取りも工夫。快適にお住まいいただける設計・仕様をしっかりと考えた住まいです。

設計段階から開口部などを工夫すれば、快適に暮らせます 設計段階から開口部などを工夫すれば、快適に暮らせます

遮音効果の高い「PALC外壁」が、静かな住環境をつくります。
開口部には高気密構造の「アルウッドサッシ」を採用。

静かな住まいの環境を守るためには、「遮音」対策は欠かせません。「PALC外壁」は、さらに「吸音」の性質もそなえています。硬い表面で音を跳ね返す遮音性能だけでなく、内部にある無数の気泡が吸音の働きをするのです。断熱材のグラスウールやせっこうボード、空気層を設けた厚さ234㎜の複層構造で、より遮音と吸音の性能を高めました。また、PALCの大型パネル化により、継ぎ目の少ない高気密な住まいを実現し、遮音性能がいちだんとアップ。複層壁の遮音実験では、85dBの音を、37dBにまで抑えています。つまり、遮音性能は-48dB。※1機械工場の騒々しさが、公園の静けさになるほどです。実験では700Hz以上の耳障りな高音ほど、よく遮音することが確認されています。さらに、外部からの騒音対策では、遮音性能のすぐれたサッシを用いる必要があります。ミサワホームでは、高気密構造の「アルウッドサッシ」をご用意しています。サッシによる空気伝搬音の遮断の程度を示す住宅性能表示の「透過損失等級※2」において、最高等級3の-25dBをクリアする高い遮音性能にも対応。※3生活音が外に漏れるのも抑えられます。

開口部の遮音性能表示で最高等級に対応するアルウッドサッシ 開口部の遮音性能表示で最高等級に対応するアルウッドサッシ
外壁の遮音効果(500Hzの場合)
遮音性能 PALC外壁をベースとした複層構造で、高い遮音性を実現します。
複層壁の遮音性能 複層壁はD-45からD-50の間の遮音性能を持っています。
環境と騒音レベルの例

上下階の生活音を低減する、天井・床の「複層構造」。
内部の間仕切り壁で、部屋同士の遮音対策も万全です。

ハイブリッド住宅は、多機能なPALC外壁の性能に頼るだけでなく、構造・設計面など、総合的な視点から“音と暮らし”を考慮してつくられます。たとえば2階建住宅の場合、基本的に2つのユニットが重なる構造であるため、1階天井部分と2階床下部分による二重の仕切りとなります。1階の天井はせっこうボード、2階の床は重厚なつくりのパーティクルボードからなり、その間にグラスウールと空気層があるため、上下間の厚さはじつに約40㎝の複層構造。遮音効果をより高めています。最上階天井には、天井板としてせっこうボードを貼り、さらにグラスウールを敷き、雨音などが室内に響くのを防ぎます。内部の間仕切り壁には両面に石膏ボードを貼り、部屋同士の遮音対策も万全。高い遮音性能を持つ「界壁」でわける仕様もあり、世帯間のプライバシーを守る住まいも実現できます。このほか、2階床用には独自に開発した遮音フローリングもご用意。生活する人の立場に立ったきめ細かな設計・施工です。

バングマシンによる固体音の遮音実験 バングマシンによる固体音の遮音実験
2、3階床断面
居室間間仕切り壁断面

ワード

遮 音

音を遮断して伝わらないようにすること。遮音材は通常、材質が綿密で単位体積当たりの重量が大きいほど遮音効果が大きいとされる。

空気伝搬音

テレビや人の話し声、飛行機の音など空気の振動によって伝わってくる音。

固体伝搬音

足音やモノを落とす音、排水管に水が流れる音など、床や壁を伝わってくる音。

遮音等級

空気音と固体音それぞれに基準となる周波数とレベルを決め、建築材料の遮音性能を客観的に評価するための等級。

D 値

主として空気音がどれだけ透過しにくいかを示す遮音等級。数字が大きいほど遮音性能が高くなる。

グラスウール

ガラス原料またはガラス片を高温で溶かし、溶融したものを繊維化装置で繊維にし、硝子の綿状にしたもの。一般に断熱材として使用される。

せっこうボード

焼いた石膏に、軽量な骨材である鋸屑やパーライトなどを約10%混入し、厚紙を両面に貼って成板したもの。天井や壁貼りなどに使用される。

パーティクルボード

木材削片を結合材で熱圧成形した板で、割れや反りが少なくチップボードとも呼ばれる。ハイブリッド住宅では、床面材として採用。

バングマシン

遮音性能実験で、子どもの飛び跳ねなどの重量床衝撃音を確かめる際に使われる加振用機器。

※1 周波数500Hz、当社オリジナル外壁材の場合。

※2 希望する場合のみ評価が受けられる選択項目です。

※3 大開口、ジャロジーなど、一部のサッシ・ガラス種類を除きます。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。