• TOPへ
  • 生産施工体制
  • 住まいの品質確保法

QUALITY

生産施行体制

全工程のほとんどを工場でつくる「高度工業化住宅」だから、完成まで合理的でクオリティの高い住まいです。

あらかじめyふニットを工場で生産し、高品質、短工期を実現する高度工業化住宅

高い工業化率により、高品質で均一な住まいづくりが可能。
一棟一棟、「完全邸別生産」を実現しています。

ハイブリッド住宅は、全工程のほとんどを工場でつくる「高度工業化住宅」。設計図面に基づき、PALC外壁・ユニットの製造から、外壁取付、そしてユニット完成まで、徹底した品質管理のもとで均一で高品質な部材や部品を一貫生産。それを現場に輸送して組み立てる、合理的な住まいづくりのシステムです。さらにミサワホームでは、お客さまのニーズにきめ細かく対応する「完全邸別生産方式」を導入しています。まず、お客さまのご要望に沿って設計図面を作成。ミサワホームCADセンターにて設計デ−タを念入りにチェックし、邸別に必要なすべての部材や部品の生産情報を作成します。この生産情報が工場へ送られ、PALC外壁1枚1枚から邸別に、丁寧につくられていきます。「高度工業化住宅」ならではの品質の高さと同時に、画一的になることのない、オーダーメイドな住まいづくりを実現しました。「邸別生産」の証として、住宅管理ナンバーが外壁に刻まれ、お引渡し後も、「いつ・どのように」生産され、施工されたかまで、さかのぼって確認することができます。ハイブリッド住宅こそ、永く暮らせる安心の住まいです。

  • 建てた後もトレーサビリティを可能にする住宅管理ナンバー建てた後もトレーサビリティを可能にする住宅管理ナンバー
  • 構造面・性能面などをチェックするCADセンター構造面・性能面などをチェックするCADセンター

自社工場で独自に生産する「PALC外壁」。
最高水準の製造環境で、「高品質」・「高性能」を可能にしました。

工場の生産ラインは、最新の情報システムを導入したコンピュータ制御で綿密に管理されています。「PALC外壁」の製造工程のうち最も特長的なものは、鉄筋をセットした型枠にスラリーを注入した後、わずか30分間で「PALC外壁」が成型・硬化し脱型できるということ。型枠の回転率を高め、生産性向上に大きく寄与しています。またオートクレーブ工程で、高温・高圧のもとで蒸気養生するため、「PALC外壁」は多孔質の安定したトパモライト結晶となり、多機能素材としてのすぐれた諸特性を獲得。正確かつ精密な生産体制で、バラつきの少ない高品質、高性能を実現しています。

PALK外壁生産工程
  • 主筋・ダブルメッシュ配筋の組み付け
  • 配筋の防錆処理
  • スラリー打設
  • 型枠からの脱型
  • オートクレーブによる蒸気養生
  • 塗装工程
  • PALC外壁の完成

ユニットごとに工場で一貫生産することで、
完成度の高い住まいづくりを実現しています。

ユニットの生産ラインでも、注文を受けた一棟分に必要な、玄関・居間・階段・寝室などの各ユニットに、お客さまの希望する部品や建具を取り付け、仕上げをしながら、生産ライン上で逐次完成させていく完全邸別生産方式を採用。ハイブリッド住宅は、厳しい検査に合格した部材だけでつくられる、クオリティの高い住まいです。ユニットにおいても各工程で細部にわたり入念な検査が行われ、寸法、プレス、強度など全数の品質が確認されたうえで現場に運ばれます。最高水準の製造環境のもとで、ムリ、ムダ、ムラの最も少ない完成度の高い住まいづくりを実現しています。

ユニットの生産工程

独自の「流通ネットワーク」で、ユニットを速やかに輸送。
驚異的な「快速施工」で、現場工期は最短30日※1です。

ミサワホームは、全国の資材部品メーカーと生産・納品拠点を結び、納品・中継基地での効率集配や安全性の確保など、輸送体制のシステム化を実現。工場で生産・完成したユニットは、トラックで速やかに輸送されます。驚異的な「快速施工」を可能にしたハイブリッド住宅だから、半日でユニットを組み立て、同日中には雨仕舞いも終了。基礎工事を含む全工程は最短30日という短工期で、仮住まいにかかる費用の節約にもなります。

部材を輸送するトラック 部材を輸送するトラック
ユニットの組み立ては、わずか一日
  • 施工現場にてユニット組み立て開始
  • 当日のうちに雨仕舞いも完了

ワード

完全邸別生産方式

施主の注文を受けてから、一棟一棟、個別に生産する体制。ご入居後も、それぞれの住宅管理ナンバーをもとに、アフターサービスを実施します。

CADシステム

Computer-aided designの略。コンピュータによる設計支援のこと。

トレーサビリティ

トレース(追跡)とアビリティ(可能性)の合成語で、追跡可能性と訳される。物品の生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡可能な状態のこと。

硬 化

液体が水和・酸化・重合などの化学変化あるいは乾燥などの物理的変化によって流動性を失い、剛性強度などが生成、増大するプロセスのこと。

多孔質

素材内部に多量の小さな気泡を含ませていること。多孔質な素材は、軽量で断熱性・耐火性にすぐれている点がいかされ、構造材としても利用される。

雨仕舞い

雨水が建物の中に漏ったり、侵入したりするのを防ぐこと、またはその方法。

仮住まい

建替えの際に一時的に暮らす住まい。工期が長いほど仮住まいの費用がかさむこととなる。



※1 工期とは、実稼働日数です。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。