• TOPへ
  • PALC外壁
  • 鉄骨ラーメン構造
  • 耐震性
  • 連続基礎
  • 連続基礎
  • 制震
  • 永久性
  • 耐防火性

SAFETY

制震

独自の制震装置「 MGEO-H エムジオハイブリッド 」もプラスできます。

制振装置「MGEO-H」設置

耐震構造に制震技術をプラスした「MGEO-Hエムジオハイブリッド」。
地震時の建物の変位量や振動収束時間を最大約1/2に軽減します。

東日本大震災、阪神・淡路大震災や新潟県中越地震で倒壊ゼロ※1だったハイブリッド住宅。独自の「MGEO-H」をプラスして、さらに大きな安心を実現できます。「MGEO-H」は、強靱な鉄骨ラーメン構造のハイブリッド住宅にミサワホーム独自の揺れを抑える制震技術をプラスした、理想的な耐震構造です。「MGEO-H」を設けた鉄骨フレームのユニットに1,200ガルの加速度を一気にかけたところ、従来の耐震構造と比較して、変位量で最大約1/2、振動の収束時間も最大約1/2に短縮されていることがわかりました。つまり、これは「MGEO-H」が地震の力を最大約50%も吸収したことを表しています。建物の揺れの大きさを軽減し、揺れる時間を短くすることは、住まいが受ける損傷を軽減するとともに、家具の転倒などによる人的被害を抑えることにつながり、安心の住まいを実現します。
また、大地震を想定して設計された「免震」とは異なり、「MGEO-H」は発生頻度の高い中小地震からすぐれた効果を発揮し、建物の揺れを軽減。地震の揺れを軽減したあとは、すぐ元の状態に戻るため、何度でも繰り返し地震の揺れを軽減しつづけられます。いつ起こるかわからない巨大地震から連続して起こる大きな余震まで、ご家族の安全と財産を守り、確かな安心をもたらします。
さらに、まれに(50年に1度程度)発生する暴風にも、「MGEO-H」が外力を軽減し、すぐれた効果を発揮。大地震だけでなく暴風からも大切なご家族と住まいを守り続けます。

変位置と応答加速度の比較データ
変位置と応答加速度の比較データ実大建物に1,200ガルの加速度を一気にかけた場合、従来の耐震構造に比べて変位量が最大約1/2になりました。

地震エネルギーを吸収し、揺れを抑える。
独自の「変位拡大機構」と「制震ダンパー」を採用しています。

「制震装置」とは、日本全国の斜張橋や超高層ビルなどに採用されている、最新の揺れ防止装置のことです。ミサワホームは住友ゴム工業株式会社と共同研究を行い、住宅業界初となる「高減衰ゴム」を使用した戸建住宅用「制震装置」を開発しました。ユニットの中に独自の複合テコ原理を応用した変位拡大機構と制震ダンパーを組み合わせ、設置することで、建物の揺れを軽減します。
まずはテコの原理で、建物にかかる地震の力を効果的に制震ダンパーに伝達。「高減衰ゴム」が地震エネルギーを熱エネルギーに変換し、揺れを抑えます。たとえば左向きの加力に応じてアンダーパネルが同じ左側に動くと、ヘッドパネルとの水平方向のズレをセンターパネルにより増幅させ、制震ダンパーがその動きを制御。建物のプランに応じてバランス良く複数配置することによって効果を発揮します。

M-GEO揺れを軽減する仕組み。制振装置の仕組み
揺れを軽減するしくみ

ワード

※1 地盤に起因する被害、地震に伴う津波や火災による被害は除く。

制 震

揺れに耐える「耐震」、揺れを伝えない「免震」に対し、地震エネルギーなどによる振動を感知し、それを低減させるために制御する地震対策技術。

ガ ル

振動の加速度を表わす単位。1galは1センチメートル毎秒毎秒(㎝/s2)で、地震ではゆれの強さを表わすのに使われる。

減 衰

振動などが時間の経過にしたがって小さくなっていく現象。エネルギーが別の形に変換されたり逸散することにより生じる。

ダンバー

振動のエネルギーを吸収し、振動を小さくさせる装置。減衰器。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。