• TOPへ
  • PALC外壁
  • 鉄骨ラーメン構造
  • 耐震性
  • 連続基礎
  • 連続基礎
  • 制震
  • 永久性
  • 耐防火性

SAFETY

鉄骨ラーメン構造

ハイブリッド住宅は「PALC外壁」+「鉄骨ラーメン構造」で、
地震などの災害にも安心の強い住まいを実現しています。

鉄骨ラーメン構造のユニット工法

ハイブリッド住宅は、「鉄骨ラーメン構造」の「ユニット工法」。
高強度を保ちながら、柱や間仕切壁のない最大54畳の大空間も可能です。

ハイブリッド住宅は、鉄骨フレームでつくられたルームサイズのボックスに、PALC外壁からドアなどの住設備まで取り付けたユニットを、施工現場へ輸送して組み立てる「ユニット工法」。個々のユニットの構造は、鉄骨の柱と梁を剛接合した「鉄骨ラーメン構造」となります。これは理想的な耐震構造として、超高層ビルにも採用されています。地震や風圧力などの外力が加わっても力を一点に集中させず、建物全体でしなやかに吸収するねばり強さが特長です。
強さの基本は、一つひとつのユニット。鉄骨フレームを形成するユニット部材は、使用される部位に応じた性能・特徴を考慮して、一辺125㎜の角形鋼管柱や梁せい175㎜の溝形鋼梁などを採用しています。それぞれの接合部には母材と同等の強度が認められる工場溶接を施しました。強度や品質は、「柱梁仕口耐力性能確認実験」や「溶接部マクロ組織試験」、「放射線透過試験」などを定期的に実施することにより、確かな性能と品質を確認しています。
強靭な構造だから、耐震性を保ちながらも柱や間仕切壁のない最大54畳の大空間をつくることができ、家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて間取りを柔軟に対応させられる可変空間も実現。また、開口部を大きく取ることもでき、開口部の概念をひと回り大きく広げました。日本ならではの風情を存分に楽しめます。

ユニットの構造(イメージ)
ユニット(イメージ) ※建物のバランスに応じて厚みが異なる場合があります。
  • 先進技術の大黒柱ともいうべき角形鋼管柱(イメージ)先進技術の大黒柱ともいうべき角形鋼管柱(イメージ)
  • 柱梁仕口耐力性能確認実験柱梁仕口耐力性能確認実験

ワード

剛接合

接合された部材の材軸の接合点における角度が、外力を受けて骨組が変形した後でも変化しない接合のこと。剛接合された骨組を剛節架構、またはラーメン架構という。

柱梁仕口耐力性能確認実験

柱と梁の接合部が、設計した性能値を満たしているかどうかを確認する実験。実際の地震・暴風時に作用する応力状態を再現する。

溶接部マクロ組織試験

柱と梁の接合部の一部をサンプルとして取り出し、溶接の品質を確かめる実験。

放射線透過試験

X線により継手に含まれるキズ(接合不良)を評価する試験方法。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。