• TOPへ
  • エネルギーデザイン
  • 屋内空気環境
  • 遮音性
  • バリアフリー
  • 空間設計力
  • M-Wood/M-Wood2
  • セキュリティ

AMENITY

バリアフリー

ご家族の将来の変化にあらかじめ備え、個別に対応できる、
ミサワホーム独自の2段階配慮のバリアフリー設計。

ご家族の将来の変化にあらかじめ備え、個別に対応できる、ミサワホーム独自の2段階配慮のバリアフリー設計。

バリアフリー - ご家族の将来の変化にあらかじめ備え、個別に対応できる、ミサワホーム独自の2段階配慮のバリアフリー設計。
バリアフリー - ご家族の将来の変化にあらかじめ備え、個別に対応できる、ミサワホーム独自の2段階配慮のバリアフリー設計。

いつまでも快適に暮らせる住まいを実現する、
2段階配慮のバリアフリー設計を採用。

交通事故を上回る、住宅内事故死の危険。

住宅内で起こった不慮の事故による死亡者数は、下図の通り年間1万人を超えています。家の中は外よりは安全と信じられていますが、この数字は現在の交通事故の死亡者(約7,000人※1)を上回る数。しかも、そのうちの70%以上が65歳以上の高齢者です。また、子どもの死亡原因も不慮の事故が第1位。本当に安全な住まいにするため、新築時点で現在に対応し、将来にも備えた設計にすることが不可欠といえます。

家庭内における不慮の事故死の状況(抜粋)

※出典:厚生労働省統計情報部「人口動態統計年報 平成21年」より作成

「基本」と「将来」の2段階バリアフリー。

住まいのバリアフリーは、健常者が安全で快適に暮らせるよう家庭内事故を予防する第1段階と、加齢による虚弱化や障害の発生に対応する第2段階に分けられます。ミサワホームでは、第1段階は「基本設計のバリアフリー」として、新築時に対応。そのうえで、個別の「高齢・虚弱対応のバリアフリー」「介護・障害対応のバリアフリー」(第2段階)を加えやすい2段階配慮設計を推進しています。

未成年者の年齢別死亡原因

年齢階級別の死因(平成21年人口動態統計)

みんなが安心して暮らせる住まいを実現する、
新築時から採り入れたい第1段階のバリアフリー。

年齢にかかわりなく、より多くの人に必要なバリアフリーは、ユニバーサルデザインとも呼ばれます。これらは基本設計として、できるだけ新築時から採用しておきたいものです。たとえば、住まいの各所の段差を抑える、バルコニーや階段の手すりを工夫する、足元灯の設置といったバリアフリーは、身重な奥さまや小さな子ども、お年寄りなどを含め、誰にとっても効果的な安全対策となります。小さいお子さまの指詰めによるケガを軽減するソフトクロージング機能付き引戸建具やクッション付の玄関ドア、火を使わないIHクッキングヒーターなどを設置するのも、安全性のために考えておきたいところ。また、屋内の温度差によるヒートショック対策として、床暖房(電気式)や浴室乾燥機などによる温度のバリアフリー化も安全・快適の両面から効果的です。

  • 連続手すりと踊り場を設けた階段連続手すりと踊り場を設けた階段
  • 物が外へ落下しにくいバルコニー手すり物が外へ落下しにくいバルコニー手すり
  • 段差を抑えた上がり框段差を抑えた上がり框
  • 車いすにも充分な廊下幅車いすにも充分な廊下幅
  • 段差のない和室入口段差のない和室入口
  • 段差を抑えた浴室入口段差を抑えた浴室入口
段差のないフラットな床はバリアフリーの基本

段差のないフラットな床はバリアフリーの基本

  • 床暖房(電気式)床暖房(電気式)
  • 浴室乾燥機浴室乾燥機
  • ソフトクロージング機能付き引戸建具ソフトクロージング機能付き引戸建具
  • 指のケガを防ぐ玄関ドア指のケガを防ぐ玄関ドア
  • 浴室ドアのチャイルドロック浴室ドアのチャイルドロック
  • 足元灯足元灯

将来、加齢により身体機能が低下したり、障害が発生した場合、
最適な状態で個別に対応できる第2段階のバリアフリー。

老後の暮らしも安心の「高齢・虚弱対応のバリアフリー」。

人は年齢とともに身体や行動能力が衰えてきます。いずれ求められる虚弱対応バリアフリーは、実際に歳をとった段階で対応することで、本人に最適な住まいを実現。コスト面でも無駄な投資を抑えられます。たとえば、立ち上がり補助機能付き便座にしたり、浴槽の縁をまたぎやすい腰掛付き浴槽にすれば、事故の多い水廻りの安全性が向上します。さらに電動昇降機を設置すれば、階段での危険も減らせます。

ホームエレベータ

ホームエレベータ

電動階段昇降機

電動階段昇降機

便座昇降装置

便座昇降装置

ホームエレベータ

ホームエレベータ

電動階段昇降機

電動階段昇降機

便座昇降装置

便座昇降装置

もしもの場合も自宅で暮らせる「介護・障害対応のバリアフリー」。

将来、介護が必要な状態になったり、何らかの身体的な障害とつきあうことになった際は、それに対応した個別のバリアフリー設計をプラスしていくことになります。たとえば車いすを常用する場合、できるだけ本人による移動をスムーズにするため、玄関アプローチにスロープや段差解消機を。また、ホームエレベータを設置するといった方法で上下階の移動もできます。間取りを介護型にリフォームする場合は、高齢者専用の浴室など水廻りスペースを介護室の隣に設けるのが理想的。動線をシンプルにしておくことも、大事なポイントになります。

玄関段差解消機

玄関段差解消機

介護型間取りへの変更例

ワード

※1 厚生労働省「人口動態統計年報」(平成22年)によります。警察庁発表の数は4,863人(平成22年)です。

ユニバーサルデザイン

「年齢、性別、身体能力などの違いにかかわらず、できるだけ多くの人が使いやすいように、製品、建物、空間をデザインすること」を基本とする考え方。1980年代、ロナルド・メイス氏(ノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンター所長)によって提唱された。

* ホームエレベータ付きの住宅を建築する場合、建築確認申請における所要期間・費用等が通常と異なります。詳しくは担当のホームエンジニアにご相談下さい。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。