• TOPへ
  • エネルギーデザイン
  • 屋内空気環境
  • 遮音性
  • バリアフリー
  • 空間設計力
  • M-Wood/M-Wood2
  • セキュリティ

AMENITY

エネルギーデザイン

エネルギーを大切にしながら快適に暮らせる、
スマートハウスの新しいカタチをデザイン。

エネルギーデザイン - エネルギーを大切にしながら快適に暮らせる、スマートハウスの新しいカタチをデザイン。
エネルギーデザイン - エネルギーを大切にしながら快適に暮らせる、スマートハウスの新しいカタチをデザイン。

ミサワホームは、先進の住まいづくりを通じて
これからのエネルギー利用を見すえた暮らしをご提案します。

エネルギー利用の最適化は、 時代からの新たな要請。

電力安定供給の不安、原子力発電の代替エネルギー、環境保全の推進などエネルギー利用における不安が高まっています。こうしたなか、太陽光発電、風力発電、地熱発電などの導入をはじめ、電力の需給を最適化するスマートグリッドを基盤としたスマートシティ、住まいのスマートハウス化が話題を集めています。特に注目されているのが、住宅に装備しやすい太陽光発電や蓄電池。CO₂削減効果が高いうえ、自然エネルギーの有効活用、ライフラインの自立化を実現でき、災害時にも利用できるため、一般家庭での普及が期待されています。自然エネルギーを効率良く活用しながら、毎日を快適に暮らせる家。ミサワホームでは、こうした新しい時代の要請に応える住まいづくりに取り組んでいます。

「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」に「調エネ」をプラスした、先進の住まい。

ミサワホームでは、太陽光発電システムの発電に加え、太陽熱も利用するカスケードソーラーシステムによる「創エネ」、日中に発電した電気を蓄電地に貯めて夜間などに活用する「蓄エネ」、高断熱設計や、自然本来の快適さを住まいに取り入れる微気候デザインなどによる「省エネ」の住まいを実現しています。それらに加え、独自に開発したHEMSサービス「enecoco(エネココ)」を組み合わせて利用することで、生活エネルギーを身近に感じながらコントロールできる「調エネ」をご提案。エネルギーを“つくる”“ためる”“つかう”にプラスして、生活エネルギーが“みえる”、人と人がエネルギーを通して“つながる”、時代の一歩先を見据えた安心で快適な住まいづくりを推進しています。

先進のエネルギー利用を採用した「ECO Flagship Model」

先進のエネルギー利用を採用した
「ECO Flagship Model」

先進のエネルギー利用を採用した「ECO Flagship Model」

先進のエネルギー利用を採用した
「ECO Flagship Model」

環境にやさしい住宅開発のパイオニアとして、ミサワホームは常に時代をリードしてきました。

ミサワホームの歴史は、住宅による環境問題への取り組みの歴史でもあります。

もともと高断熱・高気密化による省エネルギーが可能な「木質パネル接着工法」のミサワホーム。会社創立以来、常に先進的な研究開発に取り組んできました。時代の先端を行く技術改良を重ね、1998年には世界初のゼロエネルギー住宅を発売。省エネルギーの住まいに、太陽光発電による創エネルギー技術を組み合わせ、居住段階のエネルギー収支をゼロとすることで、「CO₂ゼロ」の住宅をいち早く実現したのです。それらの環境活動が評価され、業界初の「地球環境大賞」を受賞。2009年には、ゼロCO₂・ゼロエネルギー住宅「SMART STYLE ZERO」を発売しました。
地球環境大賞を受賞

地球環境大賞を受賞

建設時からの環境負荷をゼロ以下にし、 地球環境に貢献する家づくりへ。

これからの時代には、私たちの生活そのものが生態系の一部となり、環境に対する負荷を減らすだけでなく、環境に貢献する住まいづくりが求められています。ミサワホームではエネルギー効率を追求したさまざまなECO住宅を開発してきました。2009年には「次世代ゼロエネルギー住宅」試行棟を実現。その成果をいかし、2010年には、ライフサイクルCO₂マイナス住宅を発表しました。光だけでなく熱も利用することで高い創エネルギー効果を発揮するだけでなく、長期にわたり生活するほどCO₂を削減し、地球温暖化対策にも貢献できます。住宅の建設から生活段階、廃棄までに至る生涯のCO₂収支マイナスへのゼロシフトを実現するなど、話題のスマートハウスの考え方をさらに進めた、地球環境に貢献する家を実現しました。

木を植えるように、家を建てること自体が環境に貢献する
ライフサイクルCO₂マイナス住宅「ECO Flagship Model」。

建物のライフサイクル全体のCO₂収支がマイナスとなる、ミサワホームの画期的なライフサイクルCO₂マイナス住宅「ECO Flagship Model」。“エネルギーを自給する家”“自然と一体化する家”“最適に成長する家”をテーマに、最先端の環境技術や伝統の知恵を結集し、有機的に一体化することで、まるで木のように長い時間をかけて地球環境に貢献することができます。太陽光による発電と集熱や、高い省エネルギー技術によりエネルギーを効率よく使うことで、年間の創エネルギー量が消費エネルギー量を上回ることが可能。下のグラフのように、年間のエネルギーもコストも、収支はプラスとなります。
ライフサイクルCO₂マイナス住宅「ECO Flagship Model」

ライフサイクルCO₂マイナス住宅
「ECO Flagship Model」

ライフサイクルCO₂マイナス住宅「ECO Flagship Model」

ライフサイクルCO₂マイナス住宅
「ECO Flagship Model」

年間エネルギー収支・年間コストエネルギー収支*ライフサイクルCO2収支計算条件
[標準仕様]天井:ロックウール40k200㎜、外壁:グラスウール16ks75㎜、床:グラスウール16ks75㎜、窓:Low-Eペアガラス、換気:第三種換気、ルームエアコン冷暖房、電気温水器、IHクッキングヒーター[ライフサイクルCO2マイナス仕様]天井:ロックウール40k255㎜、外壁:グラスウール16ks75㎜+16ks75㎜、基礎:発泡ポリスチレン100㎜、窓:樹脂サッシWLow-Eクリプトンガス入りペアガラス、AwFサッシW Low-Eクリプトンガス入ペアガラス、換気:熱交換換気(温度交換効率70%)、ヒートポンプ式冷温水熱源パネルルーバーふく射冷暖房システム、貯湯式ヒートポンプ給湯システム、IHクッキングヒーター、太陽電池容量9.5kW※1(太陽熱集熱暖房機能付き)[計算方法]冷暖房:数値は東京の気象条件に基づく熱負荷計算値と機器効率をもとに算出 給湯・厨房・照明他コンセント電力:数値は東京の標準的負荷値(家庭用エネルギー統計年報)と機器効率をもとに算出 太陽光発電:数値は東京の気象条件に基づきパラメータ分析法により算出 建設時のCO2及び一次エネルギー消費:建築学会LCA計算ソフト
  • 年間エネルギー収支
  • 年間コストエネルギー収支
*ライフサイクルCO2収支計算条件
[標準仕様]天井:ロックウール40k200㎜、外壁:グラスウール16ks75㎜、床:グラスウール16ks75㎜、窓:Low-Eペアガラス、換気:第三種換気、ルームエアコン冷暖房、電気温水器、IHクッキングヒーター[ライフサイクルCO2マイナス仕様]天井:ロックウール40k255㎜、外壁:グラスウール16ks75㎜+16ks75㎜、基礎:発泡ポリスチレン100㎜、窓:樹脂サッシWLow-Eクリプトンガス入りペアガラス、AwFサッシW Low-Eクリプトンガス入ペアガラス、換気:熱交換換気(温度交換効率70%)、ヒートポンプ式冷温水熱源パネルルーバーふく射冷暖房システム、貯湯式ヒートポンプ給湯システム、IHクッキングヒーター、太陽電池容量9.5kW※1(太陽熱集熱暖房機能付き)[計算方法]冷暖房:数値は東京の気象条件に基づく熱負荷計算値と機器効率をもとに算出 給湯・厨房・照明他コンセント電力:数値は東京の標準的負荷値(家庭用エネルギー統計年報)と機器効率をもとに算出 太陽光発電:数値は東京の気象条件に基づきパラメータ分析法により算出 建設時のCO2及び一次エネルギー消費:建築学会LCA計算ソフト

ワード

HEMS

ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略称。家庭におけるエネルギー管理を支援するシステム。住宅内におけるエネルギーの稼動状況や消費状況を監視、制御して最適化することを可能とする。

SNS

ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称。インターネットを通じてユーザー同士がコミュニケーションをはかり、社会的なネットワークをインターネット上で構築できるサービス。

※1 太陽電池容量
JIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。実使用時の発電量は、設置条件により異なり、最大でも太陽電池容量の70~80%程度が目安となります。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。