• TOPへ
  • エネルギーデザイン
  • 屋内空気環境
  • 遮音性
  • バリアフリー
  • 空間設計力
  • M-Wood/M-Wood2
  • セキュリティ

AMENITY

空間設計力

木質パネル接着工法が実現する高い構造強度により、
自由で豊かな空間設計を実現します。

木質パネル接着工法が実現する高い構造強度により、自由で豊かな空間設計を実現します。

空間設計力 - 木質パネル接着工法が実現する高い構造強度により、自由で豊かな空間設計を実現します。
大収納空間「蔵」によるスキップフロアは、屋内空間に奥行きと広がりをもたらします。開放感を演出する勾配天井は、木質パネル接着工法ならでは。高い構造強度が実現した、開放感あふれる大空間・吹き抜け。

独自の「木質パネル接着工法」が実現した、
モノコック構造による大空間設計の住まいです。

一般的な木造の「在来工法」は、柱と梁の「点接合」。建物に地震の揺れが加わった際、接合部分に外力が集中してしまうおそれがあります。それに対し、ミサワホームの住まいは独自の「木質パネル接着工法」による強固な「面接合」。剛性の高いモノコック構造となるため、30畳以上の大空間も外周壁だけで必要な耐力を確保できるほどです。建物は強靱なスケルトン・インフィルとなり、1フロア1ルームの大空間設計を実現。間取りの自由度や設計の幅が広がり、さまざまなライフスタイルに対応できます。また、構造的には「床面の欠損」といわれる吹き抜けも、建物に必要な強度を保ったまま大きく開放的に設置できます。さらに、空間を区切る間仕切りはリフォームの際に構造体を傷めない仕組みを開発。将来、暮らし方や家族構成が変わった際にも、柔軟に間取りを変更しやすく、快適な暮らし心地が長く保てます。

  • 寄棟屋根でも勾配天井が可能寄棟屋根でも勾配天井が可能
  • 寄棟の勾配天井を実現する鋼製梁寄棟の勾配天井を実現する鋼製梁
  • 屋根形状にあわせて有効活用できる「小屋KURA」屋根形状にあわせて有効活用できる「小屋KURA」
一般的な居室天井高は2.4mですが、構造強度にゆとりがあるミサワホームの住まいは天井高2.6mをご提案。

一般的な居室天井高は2.4mですが、構造強度にゆとりがあるミサワホームの住まいは天井高2.6mをご提案。

  • 寄棟屋根でも勾配天井が可能寄棟屋根でも勾配天井が可能
  • 寄棟の勾配天井を実現する鋼製梁寄棟の勾配天井を実現する鋼製梁
  • 屋根形状にあわせて有効活用できる「小屋KURA」屋根形状にあわせて有効活用できる「小屋KURA」
  • 屋根形状にあわせて有効活用できる「小屋KURA」一般的な居室天井高は2.4mですが、構造強度にゆとりがあるミサワホームの住まいは天井高2.6mをご提案。

独自の大収納空間「蔵」は、構造体が強く変形しにくい
ミサワホームの住まいだからこそ実現しました。

ミサワホームは「木質パネル接着工法」による構造体の強さを生かし、住まいの中に設ける大収納空間「蔵」を提案しています。天井高1.4m以下の「蔵」は、設置階の床面積の1/2未満で設計すれば床面積に算入されず※1、タテにもヨコにも広い家にすることが可能。最近ではさまざまな工法でミサワホームの「蔵」に似た収納空間の提案が見られますが、2階に大収納空間を設ける家では荷重がその部分に集中しやすく、大地震などが発生した場合、想定以上の負荷がかかってしまう可能性があります。しかし、独自のBCSにより全棟で構造安全性の確認を行っているミサワホームなら心配いりません。時刻歴応答計算による構造解析では、建物変形量は中小地震の揺れでわずか9.0㎜、大地震でも27.4㎜と、高い構造強度は確認済みです(下図参照)。「蔵」を設ける場合は、構造強度の検証・確認とあわせて検討する必要があると言えるでしょう。

たくさんの収納物が入り、負担の大きい大収納の家には、建物変形の少ない、強い構造体が不可欠。
たくさんの収納物が入り、負担の大きい大収納の家には、建物変形の少ない、強い構造体が不可欠。
時計歴応答計算※2による建物変形量(1・2階平均層間変形量)の比較(2階建蔵モデルプラン32坪タイプ)
時計歴応答計算による建物変形量(1・2階平均層感間変形量)の比較(2階建蔵モデルプラン32坪タイプ)

※建築基準法の定める基準による

ミサワホームの住まいの強度の高さが確認できる、
耐震シミュレーションシステム「 M エム - Labo ラボ 」。

ミサワホームでは、東京大学・坂本功名誉教授監修のもと、構造システム社と共同で、個々のプランごとに地震時の建物損傷を予測するシミュレーションシステム「M-Labo」を開発しました。建物のプランだけでなく、工法や地震の種類などを選択し、損傷被害をシミュレーションできます。2002年から2003年に繰り返し実施した「実大1層箱型建物仕上げ損傷確認実験」などの実験結果をもとに、構造体はもちろん、仕上げ材など非構造部材をも含めた建物全体の、地震時の変形による損傷度合いが写真と数値によりひと目で分かります。「地震発生確率情報」などと合わせ、安心の住まいづくりにお役立ていただけます。

耐震シミュレーションシステム「M-Labo」
耐震シミュレーションシステム「M-Labo」

ワード

※1 一定の条件があります。一部自治体により算入しているところもあります。「蔵」は居室として使用できません。

※2 1階床面積53㎡/2階床面積53㎡/蔵26.5㎡、1階・2階にそれぞれ16畳の居室を2部屋設計した建物で計算。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。