• TOPへ
    • エネルギーデザイン
    • 屋内空気環境
    • 遮音性
    • バリアフリー
    • 空間設計力
    • M-Wood/M-Wood2
    • セキュリティ

AMENITY

M-Wood/M-Wood2

貴重な森林資源をかしこく、ムダなく使うことで、
快適な空間を実現する新素材
M エム - Wood ウッド M エム - Wood ウッド 2」。

貴重な森林資源をかしこく、ムダなく使うことで、快適な空間を実現する新素材「 M エム - Wood ウッド M エム - Wood ウッド 2」。

M-Wood/M-Wood2 - 貴重な森林資源をかしこく、ムダなく使うことで、快適な空間を実現する新素材「M-Wood(エムウッド)/M-Wood(エムウッド)2」。
M-Wood/M-Wood2 - 貴重な森林資源をかしこく、ムダなく使うことで、快適な空間を実現する新素材「M-Wood(エムウッド)/M-Wood(エムウッド)2」。

やさしい木の温もりと意匠を持つ、
高機能のインテリア向け素材「 M エム - Wood ウッド 」。

いまや木材資源の保全は、人類共通のテーマといえます。ミサワホームでは、省資源、木の代替材の開発、そしてリサイクルという3つのテーマのもと、工場で生産できる新しい素材「M-Wood」を開発しました。木を製材するときに出る端材などを再利用してつくられ、色合いも肌ざわりも木そのものという画期的な素材です。そのうえ耐久性、耐水性など、天然木の苦手部分を克服し、高品質と高性能を実現しました。加工性にすぐれ、屋内のドア枠やサッシ枠、化粧巾木以外にも、階段手すりやトイレのL字バー連続仕上げなど、木では難しい曲線的なデザインも可能。ほかにも、JR寝台特急列車「サンライズエクスプレス」の車両内装に採用されるなど、さまざまな分野で活用されています。

JR寝台特急の「M-Wood」

JR寝台特急の「M-Wood」

サッシ枠にも「M-Wood」を利用

サッシ枠にも「M-Wood」を利用

連続階段手すり

連続階段手すり

JR寝台特急の「M-Wood」

JR寝台特急の「M-Wood」

サッシ枠にも「M-Wood」を利用

サッシ枠にも「M-Wood」を利用

連続階段手すり

連続階段手すり

M-Woodサンプル
計画伐採によるM-Woodの生産プロセス

エクステリア向けの100%リサイクル素材「 M エム - Wood ウッド 2」。
天然木の風合いを再現した、安全・安心素材です。

資源循環型社会の“サスティナブル・マテリアル”。

いま、住まいの分野においても「サスティナビリティ(=持続可能性)」という視点が求められています。「M-Wood2」は「M-Wood」の技術を応用し、建築現場や工場から排出される廃木材と、廃棄物として処理されていたリサイクルプラスチックを再利用。新たな廃棄物を発生させず、「M-Wood2」そのものも再びリサイクル処理を繰り返すことができます。環境負荷の低減に寄与できる素材として評価され、(財)建材試験センターより木材・プラスチック再生複合材として業界初の新・JISマークを取得しました。

M-Wood2の生産プロセス

強く、美しく長持ちする、すぐれた素材特性。

天然木のやさしい風合いを再現しながら、すぐれた耐久性を実現したエクステリア素材「M-Wood2」。水の影響を受けにくいため、風雨による経年変化が非常に少なく、腐朽することはありません。このため防腐剤処理が不要で、環境にやさしい素材といえます。また有害物質を含まず、天然木のようなトゲやささくれが発生することもないので安全・安心。シロアリによる食害の心配もありません。さまざまな部材バリエーションが揃っているので、住まいをはじめ、多彩なランドプランに応えることができます。

環境にやさしいM-Wood2はエコマーク認定も取得

環境にやさしいM-Wood2はエコマーク認定も取得

室内との一体感を演出する中庭のM-Wood2デッキ

室内との一体感を演出する中庭のM-Wood2デッキ

メンテナンス性にすぐれた「M-Wood2」
メンテナンス性にすぐれた「M-Wood2」

「M-Wood2」は塗装品ではなく基材着色で、表面にサンディング仕上げをしているためキズが目立ちにくく、洗浄やキズ等の補修も簡単です。タバコの焦げやインク汚れなどはサンドペーパーがけで落とせます。また、リサイクル原料を仕様しているため、色に適度なバラつきがあり、自然な風合い。カラーバリエーションは3色です。

M エム - Wood ウッド 2」は、住宅にとどまらず、
耐久性や環境を重視する施設などでの採用実績も豊富です。

環境へのやさしさやすぐれた耐久性などが高く評価されている「M-Wood2」。住まいのエクステリアだけでなく、自然公園や海岸など景観への高い配慮が求められる場所や、公共施設のデッキなどでも幅広く活躍しています。環境を重要視する大型プロジェクトでの採用実績も豊富で、2005年に開港した中部国際空港では歓送迎デッキ約7,000㎡に採用。同年の愛知万博でも、会場のメイン通路やエントランスの合計約19,000㎡に採用されました。

中部国際空港 歓送迎デッキ(写真提供:中部国際空港株式会社)

中部国際空港 歓送迎デッキ
写真提供:中部国際空港株式会社

公園遊歩道 デッキ・手すり

公園遊歩道 デッキ・手すり

愛知万博会場の西エントランス(写真提供:(財)2005年日本国際博覧会協会)

愛知万博会場の西エントランス
写真提供:(財)2005年日本国際博覧会協会

老人ホームデッキ

老人ホームデッキ

海洋公園デッキ・フェンス

海洋公園デッキ・フェンス

商業施設屋上デッキ

商業施設屋上デッキ

ワード

* M-Wood、M-Wood2の写真の色は、印刷の関係上、実際とは多少異なる場合があります。

エコマーク

環境保全を支援する商品開発促進を目的に、(財)日本環境協会が認定した商品に表示できるシンボルマーク。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。