• TOPへ
  • 木質パネル
  • 接着・接合
  • 木質パネル接着工法
  • 連続布基礎
  • 耐震性1
  • 耐震性2
  • 制震[MGEO]
  • 耐風性・耐積雪性
  • 防耐火性
  • 耐久性1
  • 耐久性2

SAFETY

木質パネル接着工法

木質パネルの高い強度を最大限にいかして、
「モノコック構造」の強固な住まいを実現しています。

木質パネルの高い強度を最大限にいかして「モノコック構造」の強固な住まいを実現しています。

木質パネル接着工法 - 木質パネルの高い強度を最大限にいかして「モノコック構造」の強固な住まいを実現しています。
木質パネル接着工法 - 木質パネルの高い強度を最大限にいかして「モノコック構造」の強固な住まいを実現しています。

木質パネル同士を強固に面接合し、一体の箱型を構成するミサワホーム独自の「木質パネル接着工法」。

ミサワホームは、すぐれた耐力壁である木質パネル同士を、高分子接着剤やスクリュー釘、接合金物によって強固に「面接合」し、床面・壁面・屋根面からなる6面体を形成する、独自開発の「木質パネル接着工法」を採用しています。さまざまな外力が構造の一点に集中せず、建物の“面”全体に分散してバランスよく受け止めることで高い強度を実現する、理想的な「壁式構造」の建物です。これに対して、木や鉄の柱・梁により構成される「軸組み工法」などは構造部材を“点”で接合するため、外部からの荷重が接合点に集中してしまい、接合のズレや破損などが生じやすくなります。ミサワホームは、高い耐震性や耐風性・防耐火性などの安全性能をはじめ、高い断熱性・気密性による快適性能や省エネ性能などを、この「木質パネル接着工法」によって実現しているのです。

面接合と点接合の荷重の受け方の違い(概念図)
面接合と点接合の荷重の受け方の違い(概念図)
  • 床面・壁面・天井面を強固に接合した一体構造を実現

    床面・壁面・天井面を強固に接合した一体構造を実現

  • 木質パネル同士を面接合した壁面を、床面と接合

    木質パネル同士を面接合した壁面を、床面と接合

ミサワホームは「木質パネル接着工法」による
「モノコック構造」の住まいです。

ミサワホームの「木質パネル接着工法」は、構造耐力上、画期的な工法です。工場で生産された高品質・高精度の木質パネル同士を面接合することで、強固な「モノコック構造」となります。「モノコック構造」とは、ジェット機などと同じ一体構造のことで、どの方向から荷重がかかっても全体に分散して受け止めるため、部分的なひずみやくるいが生じにくく、素材の強さを最大限まで発揮できます。

  • 強固なモノコック構造により、台風の影響で基礎の土砂を半分削り取られても、建物本体は原形を保ったミサワホームの建物(1974年:多摩川決壊)

    強固なモノコック構造により、台風の影響で基礎の土砂を半分削り取られても、建物本体は原形を保ったミサワホームの建物(1974年:多摩川決壊)

  • ミサワホームの建物は、積雪や縦揺れの地震など、上から下への「鉛直荷重」も、地震や台風などの横からの「水平荷重」も、すべての荷重を瞬時に建物全体に分散し受け止める「モノコック構造」の住まいです。

    ミサワホームの建物は、積雪や縦揺れの地震など、上から下への「鉛直荷重」も、地震や台風などの横からの「水平荷重」も、すべての荷重を瞬時に建物全体に分散し受け止める「モノコック構造」の住まいです。

「モノコック構造」のミサワホームが強いのは、
壁だけでなく、床も強いからです。 

住宅の床面は、人や家具などの荷重を支えるだけでなく、地震などの外力に効果的に抵抗するために大きな役割を果たします。壁だけが強くても床面などが弱ければ、建物は外力によるねじれに効果的に抵抗できず、変形しやすくなります。逆に、床面が強く、その床面と壁面の接合が強固であれば、建物がねじれにくくなるだけでなく、地震などによる水平荷重を建物全体に効果的に分散させることが可能になります。接着接合によるミサワホームの床パネルは、他の工法の床面と比べて外力による変形量がきわめて少なく、非常に高い剛性を備えていることがグラフからもわかります。この床が、壁・屋根と一体となった「モノコック構造」となるため、住まい全体で外力に抵抗することができるのです。

建物のねじれの概念図
床面が変形しやすいと、建物自体が変形しやすくなります

床面が変形しやすいと、建物自体が変形しやすくなります

床の変形比較グラフ
ミサワホームの床パネルは、他の工法とは比較にならないほど高い剛性を持っています。この床パネル同士を、接着剤や接合ボルトなどによって一体化した「剛床(ごうしょう)」は、強度にすぐれたミサワホームの住まいの構造体の大きな特長といえます。

ミサワホームの床パネルは、他の工法とは比較にならないほど高い剛性を持っています。この床パネル同士を、接着剤や接合ボルトなどによって一体化した「剛床(ごうしょう)」は、強度にすぐれたミサワホームの住まいの構造体の大きな特長といえます。

ワード

※ 写真撮影のために、足場等は撤去しています。実際の施工現場とは異なります。

* 一部エリアでは、建物外部の合板の種類(模様)が実際とは異なります。

剛床(ごうしょう)

剛性を高めた構造の床のこと。床の剛性が高いほど、建物は「ねじれ」の力に対して強くなり、床だけでなく建物の全体の変形を抑える効果も高まる。

筋交い(プレース)

柱や梁などでつくった4辺形の構面に入れる斜材。剛性を高め、構面の変形を防ぐ役割。地震力や風圧力に抵抗する。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。