本文へジャンプ
MISAWA
ホーム お近くのMISAWA 展示場 カタログ請求 お問い合わせ
好きな生活は、収納でデザインする。 生活デザイン収納 TOP > 収納計画をマスターしよう > 収納する量、モノの性質を知る
収納計画をマスターしよう
収納計画をマスターしよう
収納する量、モノの性質を知る
分散収納と集中収納
見せる収納と隠す収納
玄関
リビング
ダイニングキッチン
ベットルーム/書斎コーナー
こども部屋
サニタリー
その他
事例紹介
まずは、収納したいモノの量と性格を把握、必要な収納スペースを知る。
家族の持ちモノが「どれくらいの量があるか」、それは「どんな性格をしているのか」を知ることから収納計画はスタートします。
モノの性格とは、「だれのモノか」「どこで使うか」「どれくらいの頻度で使うか」といったことです。
家族共通のモノ・お客さま用のモノで、あまり使わない場合は一ヶ所にまとめる「集中収納」とした方がいいでしょう。
よく使うモノは、使う場所にしまう「分散収納」とします。まずは、こうした視点で家の中にあるモノを見直してみてください。