建築実例

2層分のガラスウォールが開放的な家

  • rc・その他
  • デザイナーズ住宅
  • 二階建
  • 北海道
  • 吹き抜けのある家
  • 都市を楽しむ家
検索ページへ戻る >
2層分のガラスウォールが開放的な家

北海道 Aさま邸

所在地
北海道
家族構成
ご夫婦・お子さま2人
敷地面積
187m²
延床面積
124m²(1階 67m²、2階 56m²)
建ぺい率
37%
容積率
66%

[北海道 Aさま邸]


吹き抜けのリビングは、壁一面ガラス張り。屋敷林を借景として「まるで森の中にいるような気分」に。

まるで森の中の別荘のような、ゆったりとした雰囲気。しかし、住まいがあるのは札幌の中心にほど近い住宅密集地で、工場の倉庫に隣接した敷地です。 この立地条件にも関わらず、Aさまがここに新居を構えられたのは、「土地のハンデを見事にプラスに転じるプラン提案があったから」といいます。 ミサワホームがご提案したのは、隣家との境界にある屋敷林を借景として最大限に活用した住まいづくり。その結果、シンプルでコンパクトな建物に、驚くほど開放感のあるライフステージが生まれました。


視界が広がる対面式キッチン。明るく清潔感漂う空間です。

敷地のハンデをプラスに変えたプラン

吹き抜けのリビングは、壁一面をガラスのカーテンウォールとしました。ウッドデッキの先には屋敷林が茂り、日中はやわらかな木漏れ日が入ってきます。「家を建てる前は、この木が邪魔になって部屋が暗くなるのではと心配していましたが、吹き抜けにしたことで陽ざしが十分入るし、四季折々の景色も楽しめます」とご主人。訪れる方々も「森の中にいるみたい」と驚かれるそうです。


コンパクトなBOX形の外観。暖色系2色のカラーリングが印象的です。

1階と2階を吹き抜けでつなぐ

2階のプライベートスペースも吹き抜けによる開放感を存分に満喫できる工夫を込めました。階段ホールはリビング上の"展望ロフト"のようにつくられ、1階ファミリースペースとのつながりも感じられる明るい空間になっています。また、壁厚を利用した飾り棚や間接照明が住まいのアクセントとして効果的に配置され、暮らしを美しく彩っています。


ダイニングの天井も一部を吹き抜けとし、自然の光が降りそそぐのびやかな空間に。

所在地 北海道
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 187m²
延床面積 124m²(1階 67m²、2階 56m²)
建ぺい率 37%
容積率 66%

リビングの中に設けたスケルトン階段は、視線が抜けるので圧迫感がありません。

和モダンの照明と飾り棚。飾り棚には温かみのあるクルミ材を使っています。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。