建築実例

生活の美意識を育んでいく住まい

  • デザイナーズ住宅
  • 二階建
  • 木質・工業化
  • 石川県
検索ページへ戻る >
生活の美意識を育んでいく住まい

石川県 Hさま邸

所在地
石川県
家族構成
ご夫婦・お子さま1人
敷地面積
167m²
延床面積
134m²(1階 73m²、2階 61m²)
建ぺい率
48%
容積率
80%

[石川県 Hさま邸]


伝統的な日本家屋が並ぶ街並みに溶け込みながらも、凛とした個性が際立つH邸の佇まい。

ご新居の設計にあたってHさまのご要望は「外壁にタイルを使うこと」「室内の床は大理石にすること」と極めて明快でした。 海外のホテルや美術館を参考にして、自分らしいスタイルの家を創り上げたいと模索されていたご夫妻。その具体的な住まいづくりは「GENIUSアーバンデザイナーズ」の雑誌記事との出会いから始まったといいます。 「限られた予算の中で、タイルや大理石を使うのは無理と諦めかけた時もありましたが、ミサワホームさんと会って実現できると聞いた時はとても心強かったですね」と、奥さまも笑顔で当時をふり返ってくれました。


広い玄関ホール。壁面いっぱいの収納でたくさんのモノがすっきりと収まります。

高級素材を使うコスト配分の妙

大理石などの高級素材を使った家づくりを可能にしたのは、2階のプライベートゾーンと比べて1階のパブリックゾーンに比重を置くというコスト配分の妙でした。上質なホテルで過ごすような上質な空間を望まれたHさま。リビングの床は床暖房を入れた大理石とし、デッキテラスまでオープンにつながる開放的な空間としました。晴れた日はテラスに出てブランチを楽しまれるそうです。


余計な装飾のないシンプルなリビング。床暖房を内蔵した大理石で快適性にも配慮されています。

生活を楽しむ空間の美意識

お気に入りの家具や絵画と一緒に暮らす空間は、海外の美術館を参考にシンプルにまとめられています。ホワイトを基調にしたスクエアな空間には、コルビジェのソファやモンドリアンの絵画がよく似合います。設計段階から照明器具は天井にすっきり納めるとともに、収納や暖房器具などもビルトインされているため、空間に余計な凹凸がなく、インテリアの美しさを少しも損なうことがありません。


温かみのある色調のフローリングを用いたダイニング。絵画もコーディネートされています。

所在地 石川県
家族構成 ご夫婦・お子さま1人
敷地面積 167m²
延床面積 134m²(1階 73m²、2階 61m²)
建ぺい率 48%
容積率 80%


スケルトン階段は視線が抜けるため、空間の広がりが感じられます。

ひと続きのリビング・ダイニングは床の素材を換えるなどで、ソフトに仕切っています。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。