建築実例

ライトコートと吹き抜けのある家

  • デザイナーズ住宅
  • 二階建
  • 京都府
  • 吹き抜けのある家
  • 木質・工業化
検索ページへ戻る >
ライトコートと吹き抜けのある家

京都府 Aさま邸

所在地
京都府
家族構成
---
敷地面積
314m²
延床面積
248m²(1階 141m²、2階 107m²)
建ぺい率
47%
容積率
79%

[京都府 Aさま邸]


BOXシェイプの存在感ある外観デザイン。ベージュのタイルがやさしい表情を与えています。

Aさまの住まいがある京都北山は、古都の歴史と新しい文化が交じり合うエリア。そんな街にふさわしい佇まいとするためにシンプルで重厚なコンクリートとベージュの割肌調タイルを組み合わせ、周囲の環境に自然に溶け込みながらも、さりげなく個性を主張する外観デザインとしました。 大きな特徴は、建物のまん中に設けたライトコートと吹き抜け。都会でのプライバシーを守りながら、いかに光と風を取り入れるか。いかに心地よい空間をつくりだせるか。光と、素材の質感や色合いを最大限にいかすことで、ご家族のための上質なライフステージが実現しました。


リビングの広さは20帖以上。大きな吹き抜けがいっそう広がりを感じさせます。

ライトコートから光と交流が広がる

住まいの中央にライトコートを設けたことによって、室内のすみずみにまで自然の光が届くとともに、どこにいても家族の気配が感じられるようになっています。たとえば、2階の部屋からライトコートを介してリビングやダイニングにも視線が届くため、家族のコミュニケーションが自然にはかれます。また、オブジェとしても美しいジャグジーが暮らしを彩るアクセントになっています。


広びろとしたリビング。ライトコートと吹き抜けから入る反射光が、やわらかな雰囲気をつくります。

静かで落ち着ける北側のリビング

家族が集うリビング・ダイニングはあえて北側に配置しました。ライトコートや吹き抜けから入る反射光が空間全体を照らすことで、やわらかな光の演出効果が生まれ、静けさと落ち着きのある空間となっています。さらに、北側に配置したことでプライバシーを確保しやすい設計となり、外からの視線を気にすることなく、心ゆくまでリラックスできる住まいが実現しました。


ゲストをおもてなしするためのバースペース。つい時間を忘れて語り合うことも多いとか。

所在地 京都府
家族構成 ---
敷地面積 314m²
延床面積 248m²(1階 141m²、2階 107m²)
建ぺい率 47%
容積率 79%


住まいのまん中に設けたライトコート。ジャグジーが空間のアクセントになっています。

リビングとつながる和室にはアーチ形の下がり壁を設け、ソフトに仕切っています。

開口をフルオープンにすれば、住まいの内と外が一体に。自然とふれあえる格別の場所です。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。