建築実例

住宅密集地でも、間取りの工夫で明るく開放的な暮らし

  • 二階建
  • 宮城県
  • 木質・工業化
検索ページへ戻る >
住宅密集地でも、間取りの工夫で明るく開放的な暮らし

宮城県 Oさま邸

[宮城県 Oさま邸]

Oさま邸は住宅街の旗竿地を生かした奥行き感のある佇まい。植栽に美しく彩られた路地風のアプローチを進むと玄関ポーチが見えてきます。リビングのドアを開ければ、思いがけないほどのダイナミックな吹き抜け空間が現れ、開放感もひとしお。上下の窓から自然光が明るく差し込み、ここが住宅密集地であることを忘れそうです。床から天井までひと続きに見える縦型ブラインドがより天井を高く感じさせます。

「ソファでくつろいでいるときも、吹き抜けの窓を介して2階にいる家族と笑顔がつながり、おしゃべりができるので楽しいですね」とOさま。

東西南北に窓を設けた風通しの良い設計もご夫妻のお気に入りです。西側の窓からは遠くの森の緑が目に入り、開けると川風が涼しく吹き抜けるので、夏も冷房を使わない日が多いそうです。

ダイニングの南側に設けたキッチンはリビングから丸見えにならないよう、セミオープンの独立型に。キッチンに立つと中庭や玄関ポーチまで目が届き、お子さまの帰宅や中庭で遊ぶ様子もわかります。

「門扉から続く長いタイル貼りのアプローチは、息子の格好の遊び場になりました。週に一度、幼稚園帰りに息子のお友達が寄り道して、ここでみんなでボール遊びをして帰ります。そんなときはクッキーを焼いてふるまい、ママ友と子ども達の様子を見守りながら、おしゃべりを楽しんでいます」と奥さま。
旗竿地を上手に生かして思い通りの明るく開放的な暮らしを実現されたOさま。ご近所のママたちとの楽しい交流の輪も広がりました。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。