建築実例

三世代8人家族が楽しく団らんできる旅館のような憩いを感じる和モダンの家

  • 二階建
  • 宮城県
  • 木質・工業化
検索ページへ戻る >
三世代8人家族が楽しく団らんできる旅館のような憩いを感じる和モダンの家

宮城県 Kさま邸

[宮城県 Kさま邸]

東日本大震災の後、6年半の仮設住宅生活を経て、三世代8人家族が一つ屋根の下で暮らせる念願のお住まいを建てられたKさま。入母屋の大屋根が風格を漂わせる佇まいは、住宅地でひときわの存在感を放っています。

玄関ホールには大谷石の壁をあしらった床の間風のニッチがあり、お母さま作の生け花が美しく飾られていました。
「夫婦で飲食店を営む多忙な毎日なので、帰宅後や休日にホッと心がなごむ温泉旅館のような住まいにしたいと思いました」とKさま。その言葉通り、脱衣室の入り口に「ゆ」の暖簾をかけ、浴室の続きには露天風呂もつくって、旅館風の入浴タイムを楽しまれています。

30畳以上もあるLDKは天井高が約3.5mあり、ダークな板張り天井にしても圧迫感がありません。高い位置の窓からも光が差し込み、障子が醸す和の落ち着きと吹き抜けの開放感が両立しています。今年のお正月には家々を回る獅子舞の人たちも集い、広いLDKが大勢で祝いのお酒を酌み交わす場として賑わったそうです。

リビングから続く小上がりの和ダイニングは8人が座れる掘り座卓を造り付けて、粋な小料理屋のような雰囲気に。
「キッチンに立つと掘り座卓を囲む家族と目線が揃うので、会話が自然に弾みます。大きな四つ窓から庭の景色が眺められるのもいいですね」と奥さまもお気に入りです。

 リビングに集まって家族みんなで映画を観たり、お子さま達と階段上の壁でボルダリングを楽しんだり。ゆとりのお住まいで遊び心に満ちた暮らしを満喫されています。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。