建築実例

開放感とプライバシーを両立した家

  • デザイナーズ住宅
  • 三重県
  • 吹き抜けのある家
  • 木質・工業化
  • 蔵のある家
検索ページへ戻る >
開放感とプライバシーを両立した家

[三重県 Oさま邸]


外観は、高さ4mを超える堂々としたゲートが大きな魅力。

日当たりと風通しのよい高台に建つO邸。そのメリットを生かしつつ、プライバシーにも十分配慮してほしいというOさまご夫妻のご要望に応えた住まいです。 その工夫の一つが高さ4m超のゲート。住まいの内と外を明確に分けて目隠し効果を発揮しながらも、縦のルーバーを設けることで光と風を室内に招き入れることができます。 ご家族の生活空間は、間仕切りの少ない開放的なつくり。しっかり守られているという安心感と、のびやかな開放感を見事に両立しました。また、高台からの眺望や夏の花火大会を楽しむ広いバルコニーを2ヶ所設けています。


間仕切りのない広いLD。3本のラインが空間をゆるやかに仕切っています。

間仕切りのない広々としたLDK

約24帖のLDKは間仕切りを設けず、ゆとりある空間を実現。LDには全開口サッシを使うことで、庭と一体化した開放感を演出しています。また、LDの間に設けた3本の列柱が心理的な仕切りの役目を果たします。インテリアは白をベースに濃いアンバー色をアクセントに使って、広がりが感じられるツートーンにまとめました。


オープンキッチンはフルフラットカウンターですっきり。庭との一体感が感じられる空間です。

人通りの多い立地でプライバシーを保つ工夫

敷地の内外の仕切り方やルーバーの活用、開口部の位置を考えることで、開放感とプライバシーの両立がはかれます。O邸のようにゲートで仕切ると高い安心感が得られ、そこに縦ルーバーを併用することで道往く人の視線を遮りながら日差しをとりいれることが可能。また開口部は高窓や地窓など、窓の高さを変えることで、視線を巧みにそらすことに成功しています。


ルーバーは光と風を十分に通しながら、プライバシーを確保することができます。

所在地 三重県
家族構成 ---
敷地面積 148m²
延床面積 185m²
(1階 109m²、2階 75m²、2階蔵 13m²)
建ぺい率 37%
容積率 46%

ゲートの内側にはタイル敷きの庭。ルーバーは視線を遮りながら、光と風を通します。

壁の曲線を美しく演出した玄関ホール。光と影が奥行きを感じさせます。

ゲートの右側を回りながら玄関ポーチへ。ほどよい「間」のある玄関アプローチ。

階段の端にはアクセントとなるピンコロ石を敷きました。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。