建築実例

4層のスキップフロアを持つ二世帯住宅

  • デザイナーズ住宅
  • 二世帯・三世代住宅
  • 北海道
  • 吹き抜けのある家
  • 木質・工業化
  • 蔵のある家
検索ページへ戻る >
4層のスキップフロアを持つ二世帯住宅

[北海道 Hさま邸]


シンプルなBOXフォルム。外壁の白とカーポートの黒のコントラストが印象的です。

二世帯が快適同居できるよう、スキップフロアを活用したHさまの二世帯住宅。4層のフロア構成とし、1層がダイニング・キッチン、2層が書斎、3層が大収納空間『KURA』、4層はリビングとしました。 外観はシンプルなBOX形状。外壁には白の窯業系サイディングを用いています。シンプルなデザインが無機質な印象にならないよう、玄関には木製ドアを採用、和みのある自然素材をアクセントにしました。 インテリアは、各フロアの雰囲気を考えて照明プランにもひと工夫。多彩な照明が造りだす陰影が心豊かな空間を実現しています。


リズミカルに配置された照明が、空間の表情を豊かにしています。

二世帯がゆったり交流できる広びろスペース

「ダイニングスペースは1階、リビングスペースは2階に」というご要望に合わせ、1層部分のダイニング・キッチンは、二世帯が共有して食事や会話を楽しむスペースとしました。高い天井を確保し、キッチンやテーブルは中庭が眺められる位置に配置。また、1層のダイニングと4層のリビングをつなぐ階段や木質感溢れる焼杉板の壁が、2つの空間をゆるやかにつなぐ役目を果たしています。


キッチンの面材やテーブルの素材を統一。ぬくもりのある木の表情をいかしたインテリアです。

居心地の良い"シンプルモダン"空間

4層にあるリビングの天井高は約2.4mとし、ダイニングスペースと比べて、より落ち着いた雰囲気に仕上げています。床や収納扉、アクセントウォールには木を使うことによって、やさしく穏やかな空間を演出。さらに、主照明と間接照明を上手に組み合わせて、美しい陰影をいかした豊かな表情を持つインテリアを実現しています。


大きさの異なるランプをランダムに吊り下げ、楽しいリズムを生んでいます。

所在地 北海道
家族構成 ---
敷地面積 202m²
建築面積 80m²
延床面積 166m²
建ぺい率 42%
容積率 82%


まるでオブジェのような焼杉板が、上下階の空間を繋いでいます


落ち着いた雰囲気に仕上げられた4層にあるリビング


ペンダントライトと間接照明で豊かな空間演出を。


やわらかなあかりが、リビングに落ち着いた雰囲気をもたらしています。

二世帯が食事、会話を楽しめるスペースは天井が高く開放的。

上下の空間をゆるやかにつなげる焼杉板は、空間を引き締めるアクセントにもなっています。

天井高3.5mという、明るく開放感のある玄関ホール。シンプルな空間を追求しました。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。