建築実例

"京都の町屋"の伝統を継承する住まい

  • デザイナーズ住宅
  • 三階建
  • 京都府
  • 併用住宅soho
  • 和を楽しむ家
  • 木質・工業化
  • 狭小・変形敷地
検索ページへ戻る >

京都府 Kさま邸

[京都府 Kさま邸]


大通り面に「千本格子」風の出窓を設置。装束を飾り、ショーウインドーとして活用している。

京都御所の正面に位置する場所で、19代続く装束司(しょうぞくし)を営むKさまの店舗併用住宅。 新築にあたってのテーマは「伝統の継承」。歴史ある周囲の街並みとの調和を考え、お隣りの町家と軒の高さを揃えたり、外装材のイメージを近づけるなど、細かな部分まで配慮しています。 1・2階の外壁はダークグレイのタイル、3階部分は白の吹き付けとし、和の落ち着きが感じられる外観に仕上げました。さらに、京都の町家ならではの風情をいかしたディティールを取り入れ、古き良き伝統を現代に息づかせています。


明るく開放的なオープンキッチン。料理をしながら家族とコミュニケーションがとれます。

街並みとの調和をはかった外観

京都の街並みに美しく調和させるために、隣接する町家と1・2階の軒の高さや角度を揃えたり、外壁材を同系色にするなど、 "町家らしいデザイン"を積極的に取り入れました。また、3階部分を道路から後退させて、道行く人に圧迫感を与えないように配慮。2階窓にはアルミ製の「簾」を設けたり、1階には「千本格子」風の出窓を設けるなど、個性をさりげなく主張しています。


"端正な町家が立ち並ぶ京都の街並みに、自然にとけ込むように調和する外観。

店舗と居住空間を両立させる

店舗スペースの1階は、数々の歴史ある調度品を壁面に収め、装束司ならではの伝統美が漂う空間になっています。一方、住居スペースとした2・3階は、うって変わってモダンな印象の空間に。リビング・ダイニングは白い壁とウッディなフローリングで明るく開放的な雰囲気にまとめています。また、オープンキッチンとして家族の交流がはかれるようになっています。


シンプルな空間に間接照明で陰影をつけた、落ち着いた雰囲気のリビング。

所在地 京都府
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 68m²
建築面積 52m²
延床面積 148m²(1階 51m²、2階 49m²、3階 46m²)
建ぺい率 77%
容積率 215%

3階階段ホールには趣味を楽しむ書斎コーナーを設置しました。

"京都の町家"らしささにひと味加えた、アルミ製の簾、千本格子風の出窓を設置。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。